医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会議】関節痛薬など4成分「妥当」、緊急避妊薬は「不可」と判断-スイッチ候補成分を評価

【厚労省検討会議】関節痛薬など4成分「妥当」、緊急避妊薬は「不可」と判断-スイッチ候補成分を評価

読了時間:約 2分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月28日 AM10:45

厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」は26日、既に要望が上がっていたスイッチOTC薬の候補となる5成分を評価した。ドライアイ薬「ヒアルロン酸ナトリウム」、急性胃炎薬「レバミド」、「メロキシカム」、アレルギー薬「フルチカゾンプロピオン酸エステル」の4成分については、スイッチ化が妥当とされたが、「レボノルゲストレル」については「不可」と判断された。今後、スイッチ化が見送られた「レボノルゲストレル」も含め、一般からの意見募集を実施。寄せられた意見をもとに、11月15日に開催予定の同会議でスイッチOTC化の妥当性を確認する。

スイッチOTC化の新スキームは、学会、団体、消費者などから随時候補成分を受け付け、医学会などの意見を聞いた上で、評価会議で一般用医薬品に転用することの妥当性を科学的に検証していくというもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省・水谷産情課長】後発品企業間の連携促す-独禁法抵触判断で事例集
  • 【緩和医療薬学会年会】在宅緩和24時間対応に壁-対応可能薬局リスト化を
  • 【要指導・一般薬部会】マイティアルミファイ、点眼薬を要指導薬に
  • 【機能性検討会が報告書】健康被害情報を報告義務-サプリメントはGMP管理
  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記