医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 微生物の種類を簡単に特定する技術を開発-名大

微生物の種類を簡単に特定する技術を開発-名大

読了時間:約 1分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月18日 AM11:30

微生物の溶液をポンプで流すだけで簡単に破砕

名古屋大学は2月14日、微生物の溶液をポンプで流すことにより簡単に破砕し、種類を特定する技術を新たに発見したと発表した。この研究は、同大大学院工学研究科の馬場嘉信教授、安井隆雄准教授らと、九州大学先導物質化学研究所の柳田剛教授、大阪大学産業科学研究所の川合知二特任教授との共同研究によるもの。研究成果は、米化学会雑誌「ACS Nano」オンライン版に掲載されている。


画像はリリースより

微生物は細胞壁を持っているため、動物細胞に比べて外部からの刺激に対する抵抗力が大きいことが知られている。微生物内部のDNAを調べることで微生物の種類の特定は可能であるが、効率的かつ簡単に微生物を破砕する技術がないため、微生物の特定には、専門家が特殊な薬剤を用いる必要がある。そのため、効率的かつ簡単に微生物を破砕し、微生物内部のDNAを調べる手法が求められていた。

感染症予防にも期待

今回研究グループは、ナノスケールの棒()の特性を生かした微生物破砕法を新たに開発。微生物が分散した溶液をポンプで流すことにより、効率的かつ簡単に微生物を破砕することを可能にした。実際に、同技術を用いることで、大腸菌や枯草菌と比べて破砕が困難とされていた酵母も簡単に破砕することができたという。

また、ナノワイヤで破砕した微生物のDNAを増幅することが可能なデバイスと組み合わせることで、目視による色の変化で微生物を特定できる技術も開発。この技術を用いることで、微生物が含まれる溶液を採取し、検査薬を混ぜた後にポンプにセットしてスイッチを入れるだけで、O-157のような菌の有無を、家庭等でも検査することが可能になると考えられる。

研究グループは、「今後、本技術を活用することによって、危険な微生物の水際での簡易検出が可能になると考えられる。この可能性は、本技術を用いた微生物の特定法、さらには、微生物由来の感染症の予防にも繋がると期待される」と、述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 6分程度の非侵襲的な脳磁計測定で、子どもの発達や知能が予測できる可能性-金沢大
  • クラミジア・トラコマチス/淋菌検出用キット「コバス6800/8800システムCT/NG」を発売-ロシュD
  • ヒトの脳情報表現モデルを構築、103種類の脳活動の可視化・解読に成功-NICT
  • 血管修復や再生に重要な「血管内⽪幹細胞」の高効率かつ簡便な分離法を確立-阪大微研
  • AIが潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価を高精度で行うシステムを開発-東京医歯大ほか