医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協】特例再算定、4成分を了承-アバスチン、ソバルディなど

【中医協】特例再算定、4成分を了承-アバスチン、ソバルディなど

読了時間:約 2分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月22日 AM11:00

厚生労働省は20日、年間販売額が大きい品目の薬価を引き下げる「特例拡大再算定」のルールを適用する品目を中央社会保険医療協議会総会に提案し、了承された。同ルールは、4月に実施する薬価改定で新たに導入するもので、サノフィの抗血小板薬「プラビックス」、・サイエンシズのC型肝炎治療薬「ソバルディ」と類似薬の「」、中外製薬の抗癌剤「」の4成分6品目が該当した。市場拡大再算定は、グラクソ・スミスクラインの抗てんかん薬「ラミクタール」、ブリストル・マイヤーズのC型肝炎治療薬「ダクルインザ」と「スンベプラカプセル」など20成分45品目に適用され、薬価が引き下げられることとなった。

特例拡大再算定は、年間の売上が1000~1500億円以下で、当初想定された売上の1.5倍以上の場合は最大25%引き下げ、年間売上が1500億円超で、当初想定された売上の1.3倍以上の場合には最大で50%もの薬価を引き下げるルール。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【豊中市、豊中市薬剤師会、大阪大学】健サポ薬局に「豊中モデル」-産官学の協働事業スタート
  • 【中医協総会】多剤解消等の評価で意見二分-診療側「極めて重要」、支払側「新設必要ない」
  • 【第4次安倍再改造内閣】加藤前厚労相が再登板-社会保障「しっかり議論」
  • 【覆面調査】4年連続で遵守率が低下-乱用恐れ医薬品の販売規則
  • 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定