医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > エーザイ Broad Instituteと共同研究契約を締結

エーザイ Broad Instituteと共同研究契約を締結

読了時間:約 1分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年11月18日 PM04:35

顧みられない熱帯病および結核の新薬開発目指す

エーザイ株式会社は11月8日、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学の共同研究施設である米マサチューセッツ州ケンブリッジの「Broad Institute」と、顧みられない熱帯病(NTDs)および結核に対する新薬開発に向け、共同研究契約を締結したと発表した。

この契約のもと、Broad Instituteのライブラリーから同定された化合物の最適化を進め、両者が協力して新薬開発を目指していくという。

(画像はwikiメディアより引用 参考イメージ)

初のプロジェクト対象疾患はシャーガス病

発表によると、最初のプロジェクトにおける対象疾患はシャーガス病(アメリカトリパノソーマ病)に決定したという。シャーガス病は、とくにラテンアメリカやカリブ諸国の貧困地域でみられる、サシガメ(ビンチューカ)に寄生する原虫クルーズトリパノソーマによる感染症。腫れや炎症、リンパ節腫腸から発熱、肝脾腫に進行し、急性心筋炎や髄膜脳炎で死亡することがあるほか、感染から数年~数十年後に慢性心筋炎、心筋症消化器症状などの慢性期症状を発症することがある。

適切な治療が受けられない場合、感染者の約3分の1が重篤な心疾患もしくは消化器疾患を発症し、死に至ることがあるとされる。ラテンアメリカでは毎年、約14,000人がシャーガス病により死亡しているとの報告もあり、早期の新薬開発が強く望まれるところである。

なお、この共同研究契約のもと実施されるシャーガス病に関するプロジェクトは、一般社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)により、助成金交付対象として採択された。(紫音 裕)

▼外部リンク

エーザイ株式会社 ニュースリリース
http://www.eisai.co.jp/news/news201364.html

Broad Institute of MIT and Harvard
http://www.broadinstitute.org/

一般社団法人グローバルヘルス技術振興基金
http://www.ghitfund.org/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 腸内細菌由来のポリアミンが大腸粘膜の健全性の維持に重要と判明-慶大ほか
  • 出生体重3,000g未満の日本人女性は妊娠高血圧症候群のリスクが高い-国がんほか
  • AIに心電図とレントゲン画像を読み込ませ、副伝導路の高精度な予測に成功-神戸大
  • 子どものインフルエンザワクチン接種と発症予防の関連を明らかに-山梨大ほか
  • 新型コロナ感染を抑える生体内分子としてHAI-2を発見-京大ほか