医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 協和発酵キリン 開発中のKRN125 2013年中に製造販売承認申請へ

協和発酵キリン 開発中のKRN125 2013年中に製造販売承認申請へ

読了時間:約 50秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年01月30日 PM12:13

有効性・安全性について二重盲検比較試験で確認

協和発酵キリン株式会社は、開発中のKRN125(一般名:ペグフィルグラスチム)について、悪性リンパ腫及び乳癌に対する第Ⅲ相臨床試験を実施し、主要評価項目において本剤の有効性を確認。その結果を受け、2013年中に、KRN125の製造販売承認申請を行う予定であることを発表した。

KRN125は、がん化学療法による好中球減少症の治療薬G-CSF製剤グラン(一般名:フィルグラスチム)をペグ化した長期持続型のG-CSF製剤。

(この画像はイメージです)

患者の負担軽減に期待

悪性リンパ腫を対象とした試験では、フィルグラスチム 50 μg/m2の連日皮下投与と比較。その結果、KRN125の非劣性が確認されている。

また、乳癌を対象とした試験では、プラセボと比較。主要評価項目である発熱性好中球減少症発現割合について、KRN125の優越性が確認されている。

グランは連日投与が必要だが、KRN125は、がん化学療法1サイクルごとに1回の投与で効果を発揮するため、患者の通院負担が軽減される。

さらに、感染症発症リスクを低減することで、がん化学療法の治療がスムーズに進むことにも期待がかかっている。

▼外部リンク

協和発酵キリン株式会社
http://www.kyowa-kirin.co.jp/news/2013/20130125_01.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • シルクマブ、日本人の関節リウマチ患者対象のP3試験結果をJCR総会で公表-ヤンセン
  • ループ利尿薬がサルコペニアに関与する可能性-東京医歯大
  • 免疫CP阻害剤TECENTRIQ、特定の進行尿路上皮がんの一次治療としてFDAが迅速承認-スイス・ロシュ
  • Burosumab、成人X染色体遺伝性低リン血症対象のP3試験で主要評価項目達成-協和発酵キリン
  • 災害時に活用可能なOTC医薬品リストを日本医薬品情報学会が取りまとめ