医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 未承認難治性ニキビ治療薬・アキュテインの妊娠中の女性の利用に関して注意喚起

未承認難治性ニキビ治療薬・アキュテインの妊娠中の女性の利用に関して注意喚起

読了時間:約 1分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年10月25日 PM05:00
日本で未承認のニキビ治療薬

アキュテインACCUTANE 一般名:イソトレチノイン)は国内では未承認の難治性ニキビ治療薬である。

厚生労働省はこの治療薬を妊娠中の女性が服用した場合に起きる胎児への催奇形性の恐れがあることを発表し、注意喚起を行っている。

(画像はイメージです)

アキュテインは数量に関係なく、医師の処方箋または指示書に基づいた正しい手続きを行わなければ個人輸入することができない。

またこの薬は欧州においてはロアキュテイン(ROACCUTANE)という別名があるため、購入する際には十分な注意が必要である。

さらにソトレット(SOTRET)、アムネスティーム(AMNESTEEM)、クララビス(CLARAVIS)、イソトロイン(ISOTROIN)、アクノティン(ACNOTIN)も妊娠中の女性が服用すると、胎児への悪影響の可能性があるため注意が必要である。

アキュテイン(ACCUTANE 一般名:イソトレチノイン)に関する一般使用者向け情報

FDAが公表する、一般消費者向け発表より抜粋。妊娠中の妊婦の他、母乳による授乳中にも強い注意が必要だ。

イソレチノインは、医師や薬剤師などの専門家による緊密な指導の下でのみ使用される必要がある。

妊娠又は妊娠している可能性がある場合、胎児に先天異常、流産、早産、死産を引き起こすおそれがある。

ひどい頭痛や、目のかすみ、めまい、吐き気、おう吐、脳卒中、下痢、筋力低下などのほか、重大な精神症状うつ、自殺など)の副作用を生じることがある。

専門家による診察を受けずに、決して購入すべきではありません。

妊娠している、妊娠する予定である又は妊娠する可能性のある場合は決して服用してはいけません。

処方箋なしで販売するウエブサイトがあるが、これは違法であり、危険である。

▼外部リンク

厚生労働省によるアキュテイン(ACUTANE)に関する注意喚起詳細
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1b.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 成人HIV-1感染症患者へのIslatravirとドラビリン併用後期P2試験96週時データ、MK-8507のP1試験結果を発表-米Merck
  • タグリッソ、早期EGFRm NSCLC術後補助療法として中枢神経での再発リスク82%低減-英AZ
  • 抗精神病薬「エビリファイ持続性水懸筋注用」、効能追加の承認取得-大塚製薬
  • 再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬「サークリサ」発売-サノフィ
  • アビガン、COVID-19対象P3試験・主要評価項目達成で承認申請へ-富士フイルム