医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 日薬・山本会長「改定の概念が変わった」-調剤報酬体系組み換えで

日薬・山本会長「改定の概念が変わった」-調剤報酬体系組み換えで

読了時間:約 1分37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年02月16日 AM10:23

日本薬剤師会の山本信夫会長は14日に記者会見し、中央社会保険医療協議会による2024年度診療報酬改定案の答申に言及し、地域医薬品供給拠点の体制確保や職員の賃上げなどに対応するための調剤基本料の引き上げと合わせ、地域支援体制加算の要件見直しや報酬体系の組み換えが行われることについて、「点数はともかく、極めて概念が変わった改定だった。仕事をしている部分は評価しつつ、基本的な体制整備を整理するか明確にする新たな方向性を示した点で、今までの改定とは違う」と受け止めた。

調剤報酬改定では、薬剤師の賃上げの対応やかかりつけ機能の強化、在宅医療の推進などのメッセージが並んだ。山本氏は「個々の点数に一喜一憂しないで、全体の改定の構成を見ると面白い改定だった。賃上げや物価上昇にどう対応するかという命題に診療報酬で計算し、取りこぼしがないように評価をつけながら、薬剤師がした仕事をきちんと評価することを別のところで整理されている」との認識を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】在宅訪問の駐車許可緩和-緊急時申請負担も軽減
  • 【消費者庁】機能性表示食品で検討会-日薬から富永常務が参加
  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり
  • 【厚労省】後発品172社に自主点検実施-承認書と製造実態整合で
  • 【GE議連】薬価下支え策の恒久化問う-骨太方針へ提言検討