医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】先発品と溶出挙動合わず-課題指摘の2品目を報告

【厚労省】先発品と溶出挙動合わず-課題指摘の2品目を報告

読了時間:約 1分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月12日 AM10:30

厚生労働省は、2月1日に開催された第26回ジェネリック医薬品品質情報検討会の概要を公表した。これまでの検討会で溶出挙動の課題が指摘された12品目のうち、改善に至っていない2品目が報告された。このうち、日医工の「50mg『』」では先発品との溶出挙動を合わせることができず、薬価を削除することになった。

第26回検討会では、2013年の第11回から昨年の第25回までの検討会で、溶出挙動に課題が見られた品目に関する製造販売業者の改善状況が報告された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】9品目に市場拡大再算定-「ユルトミリス」も引き下げ
  • 3社と7人起訴内容認める-医薬品卸談合疑惑の公判で
  • 【特許庁】中分子医薬で特許出願増-中国がトップの座確実に
  • 【厚労省】2億5000万回分を追加購入-コロナワクチン、3社から
  • 【日本薬剤師会】薬剤師など関与不可欠-2分の1ルールで意見