医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > COVID-19、IL-6による肺炎重症化の仕組みに血管から放出されるPAI-1が関与-阪大

COVID-19、IL-6による肺炎重症化の仕組みに血管から放出されるPAI-1が関与-阪大

読了時間:約 1分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月27日 AM11:45

コロナ性肺炎の重症化に炎症性サイトカインIL-6が関与、その仕組みは?

大阪大学は8月24日、新型コロナウイルス感染により早期にIL-6が血中に増加し、このIL-6が血管から血液凝固を促進する分子 Plasminogen Activator Inhibitor-1()を放出させることを発見したと発表した。この研究は、同大免疫学フロンティア研究センター(IFReC)免疫機能統御学の姜秀辰(カン・スジン)助教、岸本忠三特任教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS)」にオンライン掲載されている。


画像はリリースより

世界中に蔓延する新型コロナウイルス感染症()とそれに起因する肺炎の重症化は人類の健康・福祉にとって克服すべき大きな課題だ。新型コロナウイルス感染性肺炎の重症化には炎症性サイトカインIL-6が関与しており、その機構を解明するのは重要と考えられる。

細菌性敗血症に匹敵のPAI-1レベル、多臓器で血栓ができ液性成分漏出で重症化

今回、研究グループは、新型コロナウイルス感染により早期にIL-6が血中に増加し、このIL-6が血管から血液凝固を促進する分子「PAI-1」を放出させることを発見した。PAI-1は、血管内皮細胞や肝臓、血小板などに存在し、血管内皮障害や血小板の崩壊により血中に放出される。血中で高い値を示す場合、血栓の溶解を阻害し血栓の成長を促進する危険因子となる。

COVID-19患者のPAI-1レベルは、細菌性敗血症または重症熱傷の患者に匹敵する高さだった。このことが、肺をはじめとする多くの臓器で血栓を作らせ、血管から液性成分を漏出させ、炎症の重症化につながる。この事実は実験室系(In vitro)で血管内皮細胞をIL-6で刺激するとPAI-1が誘導されることで確認された。また、この現象はIL-6の働きをブロックする抗体医薬品トシリズマブ(製品名:(R))により抑えられた。今回の成果から、研究グループは、「新型コロナウイルス感染においてはIL-6が上昇する早期にアクテムラによってPAI-1の産生を抑えることが有効な治療になると予測される」と、述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 指の幅よりも長さの変形の方が仮想空間で受け入れられやすいと判明-名古屋市大ほか
  • KRAS肺がん、WEE1阻害薬+ソトラシブが新治療法となる可能性-金沢大
  • CKDの治療薬ダパグリフロジン、費用対効果高いと国際共同研究で判明-横浜市大ほか
  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー、症状再現マイクロミニ・ブタモデル創出-NCNPほか
  • 爪幹細胞含む「指先オルガノイド」をヒトiPS細胞から作製-関西医科大