医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > MRSAや緑膿菌など、院内感染症の治療薬開発に役立つ蛍光プローブを開発-立命大ほか

MRSAや緑膿菌など、院内感染症の治療薬開発に役立つ蛍光プローブを開発-立命大ほか

読了時間:約 1分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月09日 PM12:00

第1相試験で開発中の、MRSAのFtsZに結合する薬の改良に役立てるために

立命館大学は1月7日、院内感染症の治療薬の開発に役立つ蛍光プローブを開発することに成功したと発表した。この研究は、同大生命科学部の松村浩由教授が、米ラトガース大学のDaniel S. Pilch教授らと共同で行ったもの。研究成果は、「Scientific Reports」にオンライン掲載されている。

研究グループは、2017年に、新しい院内感染菌MRSAに効く抗菌薬として、MRSA内で働くFtsZというタンパク質に結合する薬を開発した。FtsZはMRSAが増殖するときに働くタンパク質。薬がFtsZに結合するとFtsZの働きが鈍り、MRSAは増殖できなくなるため死滅する。実際にこの薬はMRSA感染症の治療に効果があり、第1相試験まで開発が進んでいる。

研究グループは、これらの薬の効果を確認するため、どのようにFtsZに結合するのかを原子レベルで観察。実験で使用した薬には、メチル基があるものを使用した。結果、FtsZに結合する際、薬のメチル基は分子の内側から外に向かっていた。研究グループは、この薬の構造をみて、メチル基の先に蛍光分子を結合することができれば、これまで存在しなかったFtsZに強く結合する蛍光プローブができるのではないかと考えた。FtsZに強く結合する蛍光プローブが開発できれば、現在開発中の薬をさらに改良することができる。

従来の蛍光プローブより10~100倍強く結合、肺炎桿菌や緑膿菌のFtsZにも

そこで、このメチル基の先に蛍光分子を結合させて実験を実施。その結果、メチル基の先に蛍光分子を結合させたプローブは、従来の蛍光プローブに比べ、FtsZに約10~100倍強く結合することが判明した。さらに、もともとはMRSAのFtsZにのみ結合すると思われたこの蛍光プローブが、肺炎桿菌や緑膿菌といった他の院内感染菌のFtsZにも強く結合することが明らかになった。

この蛍光プローブを使うことで、さまざまな種類の化合物群の中からMRSA以外の院内感染菌のFtsZに結合する新しい薬を素早く同定()することも可能となった。研究グループは、「今回の研究により院内感染症の治療薬開発に役立つ技術が開発できたことから、今後、院内感染に対する効果的な薬が開発されることが期待される」と、述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 指の幅よりも長さの変形の方が仮想空間で受け入れられやすいと判明-名古屋市大ほか
  • KRAS肺がん、WEE1阻害薬+ソトラシブが新治療法となる可能性-金沢大
  • CKDの治療薬ダパグリフロジン、費用対効果高いと国際共同研究で判明-横浜市大ほか
  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー、症状再現マイクロミニ・ブタモデル創出-NCNPほか
  • 爪幹細胞含む「指先オルガノイド」をヒトiPS細胞から作製-関西医科大