医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 日本初、アルコール性肝障害マーカー「N-ラテックスCDT」の承認取得-シーメンス

日本初、アルコール性肝障害マーカー「N-ラテックスCDT」の承認取得-シーメンス

読了時間:約 48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月27日 PM01:00

体外診断用医薬品として、非アルコール性肝障害の鑑別診断の一助に

シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社は7月25日、アルコール性肝障害マーカー「」(CDT:Carbohydrate-Deficient Transferrin、)の日本初となる体外診断用医薬品の承認を取得したと発表した。

大量のアルコールを継続的に飲酒していると、血中のたんぱく質のひとつであるトランスフェリンから、糖鎖が欠損した物質「CDT」が上昇する。そのため、CDT検査は、習慣飲酒のマーカーとして有用なだけでなく、総トランスフェリン中のCDTの比率を算出し、アルコール性肝障害と非アルコール性肝障害の鑑別診断の一助としても有用とされている。

8月下旬めどに販売開始、保険適用申請を予定

ガンマGTはアルコールに敏感に反応するが、飲酒してもガンマGTが上昇しない人(ノンレスポンダー)のアルコール性肝障害診断にもCDT検査は有用で、欧米では飲酒マーカーとして認知されており、ドライバーの検診などにも利用されている。

N-ラテックスCDTは8月下旬を目途に販売を開始し、今後は、アルコール性肝障害マーカーとして保険適用の申請を予定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 胸部X線写真で肺機能を高精度に推定可能なAIモデル開発-大阪公立大
  • 24時間365日患者に寄り添う、AI活用メンタルケアサポートシステム開発-岡山大
  • 高齢者向けICT活用健康教育プログラム、身体活動維持に期待-大阪公立大
  • AI活用の体腔内異物検出システム、臨床研究で有用性を確認-長崎大ほか
  • 心房細動治療システム「PulseSelect PFAシステム」国内承認-日本メドトロニック