医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 高リン血症治療剤「キックリンカプセル」の効能追加の承認を申請-アステラス

高リン血症治療剤「キックリンカプセル」の効能追加の承認を申請-アステラス

読了時間:約 49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月19日 PM01:15

米イリプサ社が創製、三和化学研究所と共同販促

アステラス製薬株式会社は3月17日、高リン血症治療剤「(R)カプセル250mg」(一般名:ビキサロマー)について、日本での効能・効果追加の承認申請を行ったことを発表した。

同剤は、アミン機能性ポリマーであり、消化管内でリン酸と結合し体内へのリン酸吸収を阻害することにより、保存期慢性腎臓病患者においても血清リン濃度を低下させることが期待される。

米イリプサ社(現アムジェン子会社)が創製し、2006年4月に、日本における独占的開発・販売権に関するライセンス契約を締結していた。日本での開発・販売は、アステラス製薬が手掛けており、三和化学研究所と共同販促を実施している。

保存期の慢性腎臓病患者への使用を目指す

日本においては2012年6月に、透析中の慢性腎不全患者における高リン血症の改善の効能・効果で発売を開始。今回の効能・効果追加の承認申請では、保存期の慢性腎臓病の患者にも同剤を使用できることを目指しているという。

なお、今回の承認申請は、保存期慢性腎臓病患者を対象として日本で実施した、キックリンカプセル250mgの有効性及び安全性を確認する第3相試験(プラセボ対照二重盲検比較試験及び長期試験)の結果に基づいて行われた。

▼外部リンク
アステラス製薬株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ALSに対するCML薬ボスチニブ治療、P2試験で主要評価項目達成-CiRAほか
  • タグリッソ、切除不能・ステージIIIのEGFR陽性肺がんに対しPFSを有意に改善-英AZ
  • イミフィンジ、P3試験で「限局型小細胞肺がん」の死亡リスクを27%改善-英AZ
  • GNEミオパチー治療薬アセノベル、長期投与の安全性と有効性を確認-東北大ほか
  • アレセンサ、ALK陽性早期NSCLC術後補助療法として米FDAに続き欧州も承認-中外