医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 2種の高額ワクチン 価格引き下げが急務 世界ワクチン首脳会議

2種の高額ワクチン 価格引き下げが急務 世界ワクチン首脳会議

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月26日 PM02:13

(MSF)からの訴え

世界ワクチン首脳会議(The Global Vaccine Summit)は世界予防接種週間に合わせ、アブダビで今月24日より開催された。国境なき医師団(MSF)は新ワクチンの価格が高額であり、開発途上国での子どもたちへの予防接種が困難であると提言。GAVIアライアンス(ワクチン予防接種世界同盟)と製薬企業にワクチンの価格を下げるよう呼びかけている。

(Wikiメディアより引用)

高額すぎる2種のワクチン

2001年時点では子ども一人当たりの予防接種にかかる費用は1.37米ドル(約137円)であったが、現在は38.80米ドル(約3870円)までに上昇。2001年の予防接種パッケージが6つの病気を対象としていたのに対し、現在は11種類のワクチンが含まれているが、中でも肺炎球菌とロタウイルスに対する2種のワクチンが高額で費用総額の75%を占めている。はしかワクチンが一人当たり0.250.25米ドル(約25円)で、肺炎球菌ワクチンは最低でも21米ドル(約2100円)と比べものにならないほどの価格だ。

「子ども1人あたりの予防接種費用は、この10年で2700%も値上がりしているのです。MSFが医療援助活動している国々は、いずれワクチン購入のための資金援助を打ち切られ、どの病気から子どもの命を守るかという選択的な判断を余儀なくされるでしょう」(MSF 必須医薬品キャンペーンのエグゼクティブ・ディレクター バラセガラム医師)

企業利益よりも子どもたちの命を優先

MSFはGAVIアライアンスと製薬会社に対し交渉をしてきたが、未だに実現していない。製造コストが不透明なままであり、低所得国が負担しやすい価格設定をすることよりも、企業の利益を優先させる姿勢が問題の根底にある。GAVIアライアンスは「5価ワクチン」の価格引き下げを決めたが、今後は製薬会社がこの高額なワクチン2種の価格交渉の場に立つことと、GAVIアライアンスがそれを進めることが求められている。

この他にもMSFは、NGOや人道援助団体がGAVIアライアンスによって下げられた安い価格でワクチンを購入する権利を与えられていないこと問題についても問題視している。

「MSFは、引き下げられた価格設定の利用を人道援助団体にも開放するようGAVIアライアンスに求めます。危機的状況に置かれた人びとへのワクチン接種には、人道援助団体が適任であることが少なくないのです」(バラセガラム医師)

高額なワクチン2種を製造販売しているのはファイザー社、グラクソ・スミスクライン社、メルク社のみ。今後の善意ある対応が期待される。(堀尾美樹)

▼外部リンク

国境なき医師団(MSF)日本 プレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000004782.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • ADHDオンライン診療の信頼性、対面診療と高精度に一致-慶大ほか
  • 脳障害後の運動機能、強心剤ジゴキシンで回復できる可能性-大阪公立大
  • 2型糖尿病の改善に「薬用マウスウォッシュ」によるうがいが有効な可能性-阪大
  • 「フードリテラシー」が高い人ほど1日全体の「食事の質」が高い傾向-東大
  • 「酸化ストレス」が消化管がんを引き起こすメカニズムの一端を解明-九大ほか