医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日本褥瘡学会】褥瘡領域で専門薬剤師制度-24年度に初の認定試験実施

【日本褥瘡学会】褥瘡領域で専門薬剤師制度-24年度に初の認定試験実施

読了時間:約 2分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年08月17日 AM10:22

日本褥瘡学会は、褥瘡・創傷専門薬剤師制度を創設した。2024年度に第1回目の試験を実施し、認定を開始する計画。チーム医療の一員として薬剤師が褥瘡領域で力を発揮することを期待して制度創設に至った。多職種が集う学会で、薬剤師の専門性が必要と認められた意義は大きい。将来は、褥瘡領域の専門医療機関連携薬局の実現につなげたい考えだ。

今年7月に公表した認定取得の要件は、▽薬剤師免許証取得後5年以上▽同学会の4年以上の会員歴▽褥瘡の予防や医療に4年以上従事▽同学会認定褥瘡薬剤師または在宅褥瘡予防・管理師の取得▽褥瘡・創傷領域の学術講習を合計100単位以上履修▽褥瘡・創傷領域の実技研修を合計40単位以上履修▽学術大会での口頭発表またはポスター発表を1報以上、または褥瘡・創傷領域の論文投稿▽年に1回実施する試験の合格――など。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す
  • 【加藤厚労相が共同会見】電子処方箋の推進に意欲-システム改修などが課題
  • 【規制改革推進会議】距離制限の撤廃を主張-調剤外部委託で意見
  • 【NPhA】リフィル7割が応需なし-オンライン指導なし8割超
  • 【厚労省】ネット販売で遵守率低下-濫用恐れのある医薬品