医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 早産児の睡眠と知的発達の関係を解明-北大ほか

早産児の睡眠と知的発達の関係を解明-北大ほか

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月01日 AM11:00

乳幼児の睡眠と知的発達の関係を調べた研究は少なく、主観的なアンケートが多かった

金沢大学は8月25日、睡眠・覚醒制御のメカニズムが乳幼児の知的発達と関連する可能性を明らかにしたと発表した。この研究は、北海道大学病院周産母子センターの安藤明子医師、長和俊診療教授らの研究グループと、同大大学院保健科学研究院、金沢大学、金沢大学附属病院、秋田大学医学部附属病院、東邦大学医療センター大森病院、、札幌市立札幌病院らの研究グループによるもの。研究成果は、「Scientific Reports」にオンライン公開されている。


画像はリリースより

これまで、乳幼児の睡眠と知的発達の関係について調べた研究は少なく、統一した見解は得られていない。また、睡眠や発達についての評価は保護者へのアンケート調査による研究が多数だが、アンケート調査では主観的な評価になる傾向があった。

睡眠計と新版K式発達検査を用いて解析、発達過程で大脳も睡眠を制御する可能性

研究グループは、睡眠パターンの基礎が形成される1歳半の早産児101人(男児44人、女児57人)を対象に、睡眠と知的発達の関係を調べた。2013~2020年の間に出生した36週未満かつ1,500g未満の児を対象にアクチグラフ(睡眠計)を1週間継続して装着し、解析を実施。発達評価には心理士による新版K式発達検査を用いた。

その結果、起床時刻のばらつきが小さいほど発達指数が高いことが明らかになった。睡眠制御のシステムが正常に機能していると、寝起きの時刻が安定することが知られている。これまで、覚醒制御の中心は脳幹・視床下部などに存在することが知られていたが、今回の研究では「知的発達が良好な児(=大脳が成熟した児)」において「起床リズムが一定(=睡眠制御機能が成熟)である」ことから、発達過程で大脳も睡眠を制御する可能性が示唆された。

乳幼児の発達をサポートする睡眠環境の解明を目指す

今回の研究では睡眠計と新版K式発達検査を用いて、早産児を対象に乳幼児の睡眠特性と発達の関係を客観的に確認した。「今後も睡眠発達のメカニズムについて検討を続け、乳幼児の発達をサポートする睡眠環境を明らかにしたいと考えている」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 不整脈源性心筋症、ヒトiPS細胞由来心筋細胞により病態を解明-阪大ほか
  • 機能性の高い「移植用網膜組織」を開発、遺伝子改変ヒトES細胞で-理研ほか
  • オミクロン株の病原性と増殖能、動物モデルでは従来株より低いと確認-東大医科研ほか
  • 唾液腺には発生段階に応じて2種類の異なるマクロファージが存在-東北大
  • 直近の新型コロナ感染状況(1/20現在)、市民の認識と協力が不可欠-感染研