医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】外来医療に薬剤師の役割-継続服薬指導など記載

【厚労省】外来医療に薬剤師の役割-継続服薬指導など記載

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月25日 AM10:30

厚生労働省は19日、外来医療における多職種の役割として薬剤師、薬局が取り組むべき内容案を、「医療計画の見直し等に関する検討会」に示した。調剤後に継続的な服薬指導や服薬状況の把握を行って医療機関等と連携すること、かかりつけ医への適切な受診勧奨を行うなどして安全で安心な薬物療法を提供することなどを記載した。

都道府県の医療計画をめぐっては、実効性の高い内容にするため、外来機能の明確化や外来医療における多職種の役割などを論点に見直しを進めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査
  • 【日病薬】医薬品全体への信頼欠く-木平会長、小林化工の事案に危機感
  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も
  • 【日病薬】タスクシフト先進事例を公開へ-全国的な実施に向け後押し
  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ