医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【インフルエンザ流行レベルマップ第6週】定点当たり報告数は2週連続減少-感染研

【インフルエンザ流行レベルマップ第6週】定点当たり報告数は2週連続減少-感染研

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月14日 PM06:15

警報レベル超え100か所を切る

国立感染症研究所は2月14日、2020年第6週:2月3日~2月9日(2月12日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。


画像はリリースより

2020年第6週の定点当たり報告数は9.04(患者報告数4万4,737)となり前週の定点当たり報告数14.11より減少した。都道府県別では北海道(12.92)、(12.67)、群馬県(11.78)、愛媛県(11.77)、長崎県(11.63)の順となっている。1道で前週の定点当たり報告数より増加がみられ、46都府県で前週の定点当たり報告数より減少がみられた。

定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約31.5万人(95%信頼区間29.4~33.6万人)となり、前週の推計値(約49.6万人)より減少。年齢別では、0~4歳が約3.8万人、5~9歳が約9.0万人、10~14歳が約6.0万人、15~19歳が約1.8万人、20代が約1.5万人、30代が約2.6万人、40代が約2.9万人、50代が約1.6万人、60代が約1.1万人、70代以上が約1.2万人となっている。また、2019年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約648.9万人となった。

・注意報は、地域を管轄する保健所単位で発生する仕組みになっている。全国で警報レベルを超えている保健所地域は35道府県の計93か所、注意報レベルを超えている保健所地域は32都道府県の109か所だった。

基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は455例で、前週(771例)より減少。全47都道府県から報告があり、年齢別では0歳(22例)、1~9歳(168例)、10代(33例)、20代(6例)、30代(7例)、40代(14例)、50代(16例)、60代(30例)、70代(63例)、80歳以上(96例)だった。

国内のインフルエンザウイルスの検出状況は、直近の5週間(2020年第2週~2020年第6週)でAH1pdm09(89%)、B型(9%)、AH3亜型(2%)の順だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 22q11.2 欠失症候群に、CRK/CRKL制御下の糖代謝制御異常が関与の可能性-阪大ほか
  • 重症薬疹SJS/TEN、血清RIP3測定が早期診断に有用な可能性-新潟大
  • 世界初、生殖細胞が卵母細胞に分化する仕組みを解明-京大
  • がんの免疫逃避、「可溶型CD155」分泌による新たな作用機構が判明-筑波大
  • 【インフルエンザ流行レベルマップ第6週】定点当たり報告数は2週連続減少-感染研