医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 初期乳がんリンパ節転移を効率的に治療する新しい手法を開発-東北大ら

初期乳がんリンパ節転移を効率的に治療する新しい手法を開発-東北大ら

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月19日 PM12:00

リンパ節辺縁洞で腫瘍が増殖する動物モデルを開発

東北大学は9月17日、リンパ節辺縁洞で増殖する初期乳がんリンパ節転移を効率的に治療する新しい手法を開発したと発表した。この研究は、同大大学院医工学研究科腫瘍医工学分野の小玉哲也教授が、近畿大学医学部免疫学教室の加藤茂樹助教らと共同で行ったもの。研究成果は、国際科学誌「Scientific Reports」(電子版)に掲載されている。


画像はリリースより

がん細胞のリンパ節への転移は、がん細胞が全身の臓器に広がる第一ステップであると考えられる。乳がんなど多くのがんでは、がん細胞が分裂増殖しながらリンパ管へ侵入。がん細胞は、周囲の所属リンパ節、いわゆるセンチネルリンパ節に輸入リンパ管を介して侵入し、リンパ節の辺縁にある空隙(辺縁洞)で生着・増殖する。これがリンパ節転移の初期段階だ。がん細胞は、転移初期段階で辺縁洞周囲の豊富な血管に侵入し、血流に乗って全身の主要臓器に転移する。これまで適切な動物モデルが存在せず、リンパ節転移初期段階にある転移リンパ節に対する新規治療法の開発が遅れてきた。

そこで研究グループはまず、ヒトのリンパ節と同等の大きさ(直径10mm程度)のリンパ節をもつマウスと悪性度の高い乳がん細胞株を用いて、リンパ節辺縁洞で腫瘍が増殖する初期乳がんリンパ節転移モデルを開発、研究を進めた。

ナノ・マイクロバブルと薬剤の混合液を送達、超音波照射で抗がん剤が効果を発揮

このモデルマウスの腸骨下リンパ節に、薬剤とナノ・マイクロバブルとの混合液を投与し、輸入リンパ管から固有腋窩リンパ節に送達。混合液は辺縁洞で増殖する乳がん細胞を満たし、髄洞へと流れ出ることが高周波超音波画像で観察された。この流れの際に超音波を固有腋窩リンパ節に照射すると、バブルは周期的な運動や崩壊に伴って機械的作用が発生し、この作用でがん細胞膜の透過性が一時的に亢進。このとき、抗がん剤はがん細胞内に効率的に導入され、強力な抗腫瘍効果が確認された。

リンパ洞には血流がないため、従来の血行性の抗がん剤の投与(全身化学療法)ではリンパ節転移に対する効果は限定的と考えられるが、今回開発した治療法は、全身化学療法に比べはるかに少ない量の抗がん剤で高い抗腫瘍効果をもたらすことが可能だ。この手法により、従来の全身化学療法で問題となる後遺症や合併症、苦痛などの副作用が低減され、がん患者のQOLが飛躍的に改善されることが期待される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • ウエストナイルウイルス感染による脳炎発症にオートファジー抑制が関与-北大
  • 先発/後発医薬品の選択に「以前にも選択」が影響、ピタバスタチンの調査で-東大
  • 生活道路での30km/h以下規制が自転車・歩行者の事故を予防する可能性-筑波大
  • 受精卵の初期分裂で染色体異常があっても胚盤胞に到達すれば出生の可能性-近大ほか
  • 中枢神経系転移のALK肺がん、分子標的薬耐性のメカニズムを解明-金沢大ほか