医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定

【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定

読了時間:約 1分55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月13日 AM10:30

厚生労働省の「国民の健康づくりに向けたPHRの推進に関する検討会」が11日に初会合を開き、個人の健康診断や服薬履歴等の情報について、電子記録として把握するパーソナル・ヘルス・レコード()の活用に向けた議論を開始した。次回11月の会合で基本方針を固め、PHRに活用できる情報や適切な閲覧の仕方など課題の整理を進めていく予定。来年度の早い段階で、PHR推進に向けた工程表などの施策について中間的にまとめる。

6月に閣議決定された骨太の方針では、生涯にわたる健診情報の予防への分析と活用を進めるため、マイポータルを活用するPHRとの関係も含めて対応を整理し、2022年度をメドに標準化された形でデジタル化して蓄積する方策も含め、20年夏までに工程化することが盛り込まれた。政府の方針を受け、PHRの目的や方向性を明確化した上で、適切で効果的にPHRを利活用できる環境を整備するため、今回検討会での議論がスタートした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • ワクチン開発へ500億円基金-政府が2次補正予算
  • 【国立国際医療研究センター】国際治験の第二弾参加-「バリシチニブ」併用効果を検証
  • 【薬価部会】毎年改定向け調査に賛否-コロナ影響の意見聴取へ
  • 「アビガン」今月承認見送り-科学的な評価は時期尚早
  • 【AMED】「AI創薬」の本格実装へ-今年度から新プロジェクト