医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > アタマジラミ症治療剤イベルメクチン0.5%外用剤、日本での開発・販売契約を締結-科研製薬ら

アタマジラミ症治療剤イベルメクチン0.5%外用剤、日本での開発・販売契約を締結-科研製薬ら

読了時間:約 1分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月04日 PM12:15

既存薬剤に抵抗性を示すアタマジラミが増殖

科研製薬株式会社および米Arbor Pharmaceuticals社(以下「アーバー社」)は、0.5%外用剤(米国販売名「Sklice(R) Lotion, 0.5%」)について、日本における開発および事業化についてのライセンスに関する契約を、2019年2月27日付けで締結したと発表した。

アタマジラミ症は、アタマジラミが頭髪の接触などを通じて寄生し、頭髪に卵を産み付けて増殖する、小児に多い感染症。近年、沖縄県を中心に、既存薬剤に抵抗性を示すアタマジラミが増殖して問題となっており、抵抗性アタマジラミに対する有効性が報告されているイベルメクチン0.5%外用剤の開発が望まれている。

」において開発依頼

今回、ライセンス契約を締結したイベルメクチン0.5%外用剤は、アーバー社がアタマジラミ症を対象に米国で販売中。米国で実施されたアタマジラミ症を対象とした2つの多施設ランダム化基剤対照二重盲検試験において、有効性と安全性が検証されている。同剤は「医療上の必要性が高い未承認薬・適応外薬検討会議」において、厚生労働省より開発企業が公募され、科研製薬が開発の意思を申し出たため、国内での開発および販売に関する契約を締結した。

今回の契約締結により、科研製薬は日本におけるイベルメクチン0.5%外用剤のアタマジラミ症に対する治療剤としての独占的な開発および販売の権利を取得。アーバー社に対して契約一時金を支払うとともに、開発および販売マイルストン、並びにロイヤルティを支払う。同件による2019年3月期連結業績予想の変更はない。

なお、イベルメクチンは駆虫剤で、国内では腸管糞線虫症及び疥癬の経口治療剤「(R)錠 3mg」(製造販売元:MSD株式会社、販売:マルホ株式会社)として、承認されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 人工呼吸器関連肺炎予防の薬用液体歯みがきを開発・製品化-広島大ら
  • 日本初、卵巣がんにおけるBRCA遺伝子変異保有率に関する大規模調査を実施-AZ
  • XPOVIO、再発または難治性多発性骨髄腫治療薬としてFDAより承認取得-KPTI
  • 血友病A治療薬「ESPEROCT」、EUで承認-ノボ
  • 保険適用から1か月、がん遺伝子パネル検査の現状と課題は?