医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > ビラフトビカプセル50mg、メクトビ錠 15mgを発売-小野薬品

ビラフトビカプセル50mg、メクトビ錠 15mgを発売-小野薬品

読了時間:約 1分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月28日 PM12:00

BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫の適応で

小野薬品工業株式会社は2月26日、(R)カプセル 50mg」(一般名:)およびMEK阻害剤「(R)錠 15mg」(一般名:)について、「BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫」の効能・効果で新発売したと発表した。


画像はリリースより

悪性黒色腫は、皮膚の色と関係が深いメラニン色素の産生能を持つ色素細胞(メラノサイト)ががん化した悪性腫瘍で、皮膚がんの中でも転移率が高く、きわめて悪性度が高いとされている。日本での悪性黒色腫の患者数は約4,000人、年間約700人が悪性黒色腫により死亡していると報告されている。

BRAFキナーゼ活性とMEK1/MEK2活性を同時に阻害

ビラフトビおよびメクトビは、悪性黒色腫をはじめ種々のがんに関連するMAPKシグナル伝達経路(RAS-RAF-MEK-ERK)のセリン・トレオニンキナーゼファミリーの異なるキナーゼ、BRAFおよびMEK1/MEK2をそれぞれ標的として選択的に阻害し、がん細胞の増殖を抑制。2剤を併用することで、BRAFキナーゼ活性とMEK1/MEK2活性を同時に阻害し、より強い抗腫瘍効果を発揮することが期待される。

小野薬品工業は、2017年5月に、米Array BioPharma Inc.(Array社)と、ビラフトビおよびメクトビに関するライセンス契約を締結し、日本および韓国で両製剤を開発および商業化する権利を取得。Array社は、米国およびカナダにおける両製剤の独占的権利を保有している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 日本初のLABA/LAMA/ICS固定用量配合ぜんそく治療剤「エナジア」を発売-ノバルティス
  • デュピクセント、中等・重症の成人・青少年ぜんそくで効果が3年持続-仏サノフィほか
  • EGFR変異陽性NSCLC、GioTagアップデート研究の最終解析結果を発表-独ベーリンガー
  • エンパグリフロジン、左室駆出率低下の心不全対象P3試験結果を発表-独ベーリンガーと米リリー
  • 多発性硬化症治療薬「メーゼント錠」発売、CYP2C9検査無償提供も開始-ノバルティス