医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > DS-1205/ゲフィチニブ併用療法、非小細胞肺がん対象のP1試験開始-第一三共

DS-1205/ゲフィチニブ併用療法、非小細胞肺がん対象のP1試験開始-第一三共

読了時間:約 58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月23日 AM11:30

TKI投与中に病勢進行となった再発・転移性NSCLCで

第一三共株式会社は10月19日、(EGFR TKI)投与中に病勢進行したEGFR変異のある非小細胞肺がん患者を対象にAXL阻害剤のDS-1205とゲフィチニブの併用療法を評価する第1相臨床試験で、最初の患者への投与を開始したと発表した。

同試験は、EGFR TKI()投与中に病勢進行となった再発・転移性の非小細胞肺がん患者を対象とした第1相臨床試験で、2つのパートからなる。パート1ではDS-1205とゲフィチニブの併用における安全性と忍容性を評価し、パート2の推奨用量を決定。パート2では併用における安全性、忍容性に加え有効性も評価する。国内において約60名の患者を登録する予定だ。

EGFR TKI抵抗性に関与している可能性があるAXL

EGFR変異のある非小細胞肺がん患者には、一次治療ではEGFR TKIが投与されるが、多くの患者は同剤に抵抗性となり、病勢進行する。これらの患者には、現在、限られた治療法しかない。EGFR TKI投与後に病勢進行となった非小細胞肺がん患者では、AXLの高発現例がみられることから、AXLはEGFR TKIに対する抵抗性に関与している可能性がある。

同社の非臨床試験では、AXL阻害剤のDS-1205をEGFR TKIを併用することにより、EGFR TKIに対する抵抗性の獲得遅延または解除が示唆されているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 睡眠障害治療薬「モディオダール錠」、効能追加の承認取得-アルフレッサと田辺三菱
  • ハンチントン病治療薬「RG6042」、希少疾病用医薬品に指定-中外
  • 治療歴有りの転移性腎細胞がんに対するオプジーボ投与、5年生存率26%-米BMS
  • 新型コロナウイルスのワクチン開発に向けて協同-CEPIと英GSK
  • ASMD治療薬オリプダーゼアルファ、成人P2/3試験と小児P2試験で肯定的な結果-仏サノフィ