医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬ゼミ】第103回国試、難易度上昇-新卒合格率80%割れの可能性

【薬ゼミ】第103回国試、難易度上昇-新卒合格率80%割れの可能性

読了時間:約 2分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月05日 AM10:15

2月24、25日に実施された第103回薬剤師国家試験で、薬剤師国家試験予備校大手「」が全受験者を対象に実施した自己採点の結果、不適切問題等の補正を考えなければ平均総合正答率は68.0%と、102回の70.2%に比べ難易度が高くなっていたことが分かった。現時点での集計結果だと、「必須」「理論」「実践」の全てで正答率が102回の自己採点結果より低く出ており、新卒者の合格率は80%を下回る可能性がありそうだ。

薬ゼミの自己採点システムには、2日時点で1万0591人の受験者が入力し、解析を行った。平均点は234.6点で、101回に比べ、やや難しかった102回を上回る難易度になるとした。全受験者の60%以上が正答した問題数を見ると、102回の240問(69.6%)に対し、228問(66.1%)に減少しており、70%以上の正答率の問題数で見ても、少なくなっている模様。得点分布では、102回は240~250点が最も多い人数比だったが、103回は230~240点の分布が多く、高得点者が少なくなっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬連薬価研】新薬創出等加算品目、新規作用機序薬を主張も73品目が適用されず
  • 【東北医科薬科大病院】院内フォーミュラリーを導入-ビスホスホネート製剤で開始
  • 琉球大に薬学部創設を要望-沖縄県薬など4師会が連名で
  • 【厚労省】「アイミクス」に15社参入-後発品308品目を薬価収載
  • 【臨床薬理試験研究会】PBPKモデルで日本人第I相を省略-予測精度向上の必要性も