医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ベンチャー育成の好循環議論-横浜で初のマッチングイベント

【厚労省】ベンチャー育成の好循環議論-横浜で初のマッチングイベント

読了時間:約 1分51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月18日 AM10:45

厚生労働省は13日、横浜市内で医薬品・医療機器の実用化を目指す医療系ベンチャーと大手企業、研究機関などのマッチングを目的とした「」を初めて開催した。シンポジウムでは、厚労省からベンチャー支援の取り組みが紹介された後、ベンチャー企業や製薬企業などの視点から、ベンチャー企業を育てる好循環をどう作るかを議論。「厚労省が実施する人材紹介事業を通して、適切なアドバイスをすれば、研究の質が向上するのではないか」など率直な意見が交わされた。

厚労省は、欧米で医薬品や医療機器などの研究開発型ベンチャー企業が製品化の成果を上げている一方、国内では優れた基礎研究やものづくり技術が十分に活用されていない現状に問題意識を持ち、こうした状況を打開するため、今回アカデミアなどのシーズの実用化を促し、ベンチャー企業を育てる好循環を生み出すことを目的に大手企業や研究機関などとベンチャー企業のマッチングを図るイベントを開いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日病薬】補助者の業務範囲など検討-「業務あり方検討会」を新設
  • 【PMDA委員会】先駆け審査制度に慎重意見-「ゾフルーザ」の耐性問題で
  • 【薬事日報調査】6年制大学院、約6割が定員割れ-11校で進学者がゼロに
  • 【関西医大】臨床試験費、ネットで公募-膵がん治療法を保険適用へ
  • 【中医協総会】遠隔服薬指導に厳しい意見-医師委員「留意点の整理を」