医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 紫外線殺菌ロボットの国内独占販売契約を締結-テルモと米ゼネックス

紫外線殺菌ロボットの国内独占販売契約を締結-テルモと米ゼネックス

読了時間:約 56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月12日 AM11:15

環境表面の殺菌、拭き残しの発生や薬剤耐性菌への効果に課題

テルモ株式会社と米・病院内紫外線殺菌システム大手のゼネックス・ディスインフェクション・サービス社は1月6日、紫外線殺菌ロボット「(TM)」における日本での独占販売契約を締結したと発表した。


画像はリリースより

医療機関における環境表面の殺菌は、清掃スタッフにより手で行うのが通例だが、拭き残しの発生や薬剤耐性菌への効果が薄いことが課題とされている。これらの細菌は、紫外線を照射することで、細胞内のDNAが二重化反応、水和反応、分解などを起こし、死滅するといわれている。

薬剤耐性菌やエボラウイルス、ノロウイルスなどの殺菌に期待

LightStrikeは、キセノンによる発光を利用し紫外線を病室、手術室、器材庫などの環境表面(ドアノブや壁など)にパルス照射(断続的に照射)する装置。従来の手による環境殺菌後、病室内に満遍なくキセノン紫外線を照射することで、院内感染の原因となる薬剤耐性菌やエボラウイルス、ノロウイルスなどの殺菌が期待される。

現在は、米国、カナダ、アフリカ、ヨーロッパの地域で400台以上が導入されている。照射サイクルは1サイクルあたり約5分、1病室あたり2~3サイクルを行う。対象となる微生物は、クロストリジウム・ディフィシル(C.diff)、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)、、炭疽菌など。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • アトピー性皮膚炎合併疾患判定AIソフトを開発、スマホアプリへの応用に期待-東北大
  • 汗の多様な成分を検出できる肌着用生地を開発、健康モニタリングに応用可能-東北大
  • 発達障害を動画から自動スクリーニング、共同開発研究を開始-成育医療センターほか
  • レントゲン1枚から年齢推定のAI開発、併存疾患や心疾患による寿命と関連-理研ほか
  • 新たな歩行分析法を開発、マーカーレス・簡便・高精度-東京理科大ほか