医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 厚生労働省、「指定第2類 第1類に準じる」情報収集・提供の考え提示

厚生労働省、「指定第2類 第1類に準じる」情報収集・提供の考え提示

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月22日 AM09:54

厚生労働省は19日、「一般用医薬品のインターネット販売等の新たなルールに関する検討会」に一般薬のリスク分類ごとの情報提供に関する考え方を提示した。医薬品の適正使用のために専門家が購入者側から収集すべき情報として、第1類は症状の発生部位や重篤度などの情報を“最大限収集”する必要があるとした。第2類は“多くの情報を収集”するとしたが、指定第2類は第1類に準じた情報の収集を求めている。

ネット販売検討会厚労省

第1類については、リスクが高い、または一般用としての使用経験が少なくリスク不明であり、購入者側から使用者に関して収集され得る「最大限の情報が必要」とした。第2類は「多くの情報が必要」としたが、指定第2類は「第1類に準じた情報が必要」と情報収集のハードルを上げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】違う剤形区分、個別判断-後発品規格揃えで再見解
  • 【厚労省】外来医療に薬剤師の役割-継続服薬指導など記載
  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証
  • 鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」
  • 【官民対話】中間年改定「慎重対応を」-国主導のAMR対策要望