医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 厚生労働省、「指定第2類 第1類に準じる」情報収集・提供の考え提示

厚生労働省、「指定第2類 第1類に準じる」情報収集・提供の考え提示

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月22日 AM09:54

厚生労働省は19日、「一般用医薬品のインターネット販売等の新たなルールに関する検討会」に一般薬のリスク分類ごとの情報提供に関する考え方を提示した。医薬品の適正使用のために専門家が購入者側から収集すべき情報として、第1類は症状の発生部位や重篤度などの情報を“最大限収集”する必要があるとした。第2類は“多くの情報を収集”するとしたが、指定第2類は第1類に準じた情報の収集を求めている。

ネット販売検討会厚労省

第1類については、リスクが高い、または一般用としての使用経験が少なくリスク不明であり、購入者側から使用者に関して収集され得る「最大限の情報が必要」とした。第2類は「多くの情報が必要」としたが、指定第2類は「第1類に準じた情報が必要」と情報収集のハードルを上げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【費用対効果評価部会】費用対効果評価で骨子案-分析期間超過に厳しい対応
  • 【厚労省が省令改正案】初回オンライン指導恒久化-薬剤師は研修受講必須に
  • 宮崎大学、NTTデータ、ファイザー、治療効果判定に有用情報-癌患者の電カルから抽出
  • 【埼玉県薬剤師会】小児在宅で多職種連携-入院・退院後に情報共有
  • 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用