医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 日本の子どもの体水分状態は不足気味、夏より春で顕著に-新潟大

日本の子どもの体水分状態は不足気味、夏より春で顕著に-新潟大

読了時間:約 2分45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年07月10日 AM09:20

世界の子どもの多くは体水分状態不足気味、日本では?

新潟大学は7月4日、世界の子ども達の傾向と同様に日本の子ども達の多くも体水分状態がやや不足気味で、その傾向は夏より春に顕著になることがわかったと発表した。この研究は、同大教育学部の天野達郎准教授、早稲田大学スポーツ科学学術院細川由梨准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism」に掲載されている。

体水分状態は身体機能の恒常性や健康に深く関わるため、適切な範囲に維持することが重要だ。体水分状態は、尿の浸透圧や比重を調べることで知ることができる。近年の研究で、世界各国の子ども達の体水分状態が報告されており、子ども達の多くは体水分状態がやや足りていないことが明らかになっている。これは、夏の脱水や、夏以外の季節でも免疫や腎機能といった身体の健康全般に関わることだ(将来的な健康リスク含む)。体水分状態は季節、人種、民族、食文化、地理的・環境要因など多くの影響を受けると考えられるが、日本の子ども達の体水分状態はこれまで報告されていなかった。

小・中学生対象に尿検査、春・夏で尿浸透圧や尿比重を測定

そこで今回の研究では、日本の子ども達の体水分状態を季節の影響と共に明らかにすることを目的とした。新潟大学附属新潟小学校・中学校の児童・生徒に研究参加を募り、保護者を含めて同意を得られた349人を対象に調査を実施(人数は春夏の合計)。調査は2021年4月と7月に行った(各1日)。研究参加者は、健康診断の検尿と同じように、起床時に採尿して尿サンプルを学校まで持参。学校の中でも、都合のつく時に採尿してもらった。尿の色は体水分状態に応じて変化する(色が濃いほど脱水が進行している)。そのため、採尿時には、子ども達に自身の尿の色を視覚的に見てもらい、尿カラーチャート(尿の色を8段階に分け、そのレベルから体水分状態を判断するスケール)を基に体の体水分状態を判断できるかどうかも調べた。採取したサンプルは新潟大学教育学部の運動と環境生理学研究室に運び、直ちに尿浸透圧や尿比重を測定した。

多くの子どもで体水分不足の基準値超、特に春で

研究の結果、春の起床時サンプルの尿浸透圧は903±220mOsm/L(浸透圧の単位)、夏のサンプルは800±244mOsm/Lで、春は夏より統計的に高く、いずれもやや水分不足だと判断される基準値(800mOsm/L)を超えていた。尿サンプルを提供した子どものうち、春は66%、夏は50%がこの基準値を超えていた。学校での測定は学校活動のスケジュール的にも難しいこともあり、サンプル数が減っていたが、その平均値は、起床時同様に体水分不足の基準を超えていた(春:885±225、夏:859±247mOsm/L)。これらの測定値に男女差は認められなかった。

体水分不足を示す尿カラースケール選択は30%、自身での判断は困難

尿の色から体水分状態を判断できれば、適切な飲水行動につながる。脱水予防の観点では、体の水分が足りていない時に、それを尿の色から自ら判断できることが重要だ。尿カラースケールは色が濃いほど値が高くなり、8段階のうち4以上が体水分不足を示す。尿浸透圧が800mOsm/Lを超えていた子ども達のうち、実際に尿カラースケールで4以上を選択した人の割合は多くて30%程度だった。

以上の結果は、世界的な傾向と同様に、日本の子ども達もやや体水分状態が足りていないこと、それは夏より春に顕著になることを示している。夏は日常的な飲水量が増えていると考えられる。子ども達自身が尿の色から適切に体水分不足を判断することは難しいようだが、子どもでも判断可能とする海外の研究もある。

子ども向けの教育動画を公開、子どもの飲水意識の現状を調査中

同研究結果より、子ども達の体水分状態をどのように改善できるか、その解決策を打ち出すことが重要だ。同研究グループではすでに、子ども向けの教育動画「からだと水分」を製作して、公開している。動画公開に先立ち、子ども達の飲水意識の現状を調査しており、この動画を視聴することで実際に子ども達の飲水行動の理解につながるのかどうかについても調べているという。これらの研究成果も追って公開する予定だとしている。子ども達の飲水意識と飲水行動を改善して、夏の脱水予防はもちろんのこと、暑くない時期にも体水分状態を良好に維持するマネジメント力の向上につなげていきたい、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • マルチタスクにおける能力低下の原因となる「脳活動ネットワーク」を解明-明大ほか
  • 多発性嚢胞腎、IFT140を原因遺伝子とする国内患者の存在が明らかに-東京医歯大
  • 人工膝関節全置換術後の疼痛、長引く痛みと関連する疼痛の性質を明らかに-畿央大
  • 膀胱内視鏡検査、少ない画像の学習でも高精度な診断支援AIを開発-産総研ほか
  • 毛髪鼻指節骨症候群の成長障害と骨格病変、モデルマウスでの再現に成功-阪大