医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬局DXコンソーシアム】分包機連動の標準規格作成-調剤外部委託へ現状報告

【薬局DXコンソーシアム】分包機連動の標準規格作成-調剤外部委託へ現状報告

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年12月06日 AM10:14

国家戦略特区を活用した調剤業務の一部外部委託の実証を検討している薬局DX推進コンソーシアム(狭間研至理事長)は2日、大阪市内で会員総会を開き、これまで検討してきた医薬品配送のスキーム、監査の方法論や責任の基準、委受託の際の価格、採算性など検討中の事項を会員企業に説明した。

この日は、同コンソーシアム内に設置された各検討委員会から現状の成果が報告された。安全性の検討では、契約患者の依頼や調剤委託時の手順書作成など、成果物をデジタルで活用するため、委託薬局から指示内容を受託薬局の分包機への指示までをシームレスに接続できる標準規格の作成と、各種記録・共有方法の手順作成を進めていることが説明された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で
  • 【日病薬調査】7割超が薬剤師確保計画-都道府県と病薬で意見交換
  • 日医・松本会長、薬価改革「しっかり注視」-創薬進展や医薬品供給
  • 【厚労省】国がOTC薬濫用防止対策-学校薬剤師・地区薬を活用
  • 【支払側が会見】確実な賃上げの検証必要-一層問われる薬局改革