医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【医薬局24年度概算要求】小児薬など相談体制強化-ドラッグラグ・ロスに対応

【医薬局24年度概算要求】小児薬など相談体制強化-ドラッグラグ・ロスに対応

読了時間:約 1分54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年08月28日 AM11:38

厚生労働省医薬・生活衛生局の2024年度予算概算要求は、前年度比17.2%増の104億5600万円となった。・ロスの解消に向け、新規で1億5100万円を要求し、小児用・希少疾病用医薬品等の相談・審査体制を強化するため、医薬品医療機器総合機構()に「小児・希少疾病用医薬品等薬事相談センター」を設置する。一方、薬剤師・薬局関係では、オンラインによる服薬指導や遠隔での医薬品管理など、デジタル技術を活用したOTC医薬品販売に新規計上し、前年度予算から大幅な増額を求めた。

ドラッグラグ・ロスが深刻な小児・希少疾病用医薬品について同センターを設置する。具体的には、「創薬力の強化・安定供給の確保等のための薬事規制のあり方に関する検討会」で大筋了承された、▽希少疾病用医薬品の指定や指定見直しの相談・審査▽小児用薬の開発計画策定を企業に促し、PMDAが確認する対応を促進▽未承認薬検討会議の評価加速化――などの薬事上の対応を進めるために必要なPMDAの体制確保を行う。企業等がPMDAに支払う相談手数料については小児用相談の無料化を含め補助する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり
  • 【厚労省】後発品172社に自主点検実施-承認書と製造実態整合で
  • 【GE議連】薬価下支え策の恒久化問う-骨太方針へ提言検討
  • 【厚労省】自主点検で該当企業なし-紅麹原料入手の173社
  • 【厚労省】医療機関受診者1058人に-小林の紅麹関連製品