医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > くも膜下出血後早期の「交感神経系過活動」がもたらす悪影響を解明-金沢大

くも膜下出血後早期の「交感神経系過活動」がもたらす悪影響を解明-金沢大

読了時間:約 2分27秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年06月16日 AM10:21

くも膜下出血発症直後の脳血流低下と交感神経系の関連は?

金沢大学は6月14日、くも膜下出血後早期における交感神経系の過活動がもたらす悪影響を明らかにしたと発表した。この研究は、同大医薬保健研究域医学系神経解剖学の石井宏史助教、堀修教授、脳脊髄機能制御学(脳神経外科学)の上出智也講師、中田光俊教授、同大大学院医薬保健学総合研究科医学専攻博士課程の出村宗大氏らの共同研究グループによるもの。研究成果は、「Stroke」オンライン版に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血は、脳内出血や脳梗塞と比較して若年で発症し、生命を脅かす疾患。発症時のみならず、その後約2週間の病態が神経学的予後に重要な役割を果たすことが知られているが、そのメカニズムはいまだ解明されていない。

そのような中、近年では「早期脳損傷」という概念が多くの研究者の関心を集めている。これは、くも膜下出血発症直後に起こる病態で、これがその後約2週間の病態ならびに最終的な予後に直結すると考えられている。これまでさまざまな研究が行われてきたが、患者の予後は改善されていないのが現状だ。

くも膜下出血の発症直後には、交感神経系の過活動が頭蓋内だけでなく全身に起こることが知られている。また、発症直後の脳血流の低下が予後の悪化につながることも報告されている。しかし、この脳血流の低下の原因について解明する研究はこれまでほとんど行われていない。そこで研究グループは今回、くも膜下出血発症直後の脳血流の低下に交感神経系が関わるのではないかと考え、研究を行った。

くも膜下出血後早期の交感神経系過活動が脳血流低下を引き起こし、予後に悪影響

研究では、金沢大学附属病院でくも膜下出血に対して治療を行った患者データの解析に加え、くも膜下出血を引き起こしたモデルマウスを用いることで、脳血流の低下と交感神経系の関連と、それらがくも膜下出血の予後に与える影響を解析した。

その結果、くも膜下出血発症直後に起こった交感神経系の過活動が、頸部の交感神経節の一つである上頸神経節を介して脳血流の低下を引き起こし、予後に悪影響を及ぼすことが明らかとなった。

重症患者で発症後急性期の脳血流障害が顕著、心電図変化が見られた患者も同様

まず、患者データの中でくも膜下出血発症後に行う検査の一つである脳血管撮影での脳血流障害を比較。その結果、退院時の神経障害が重度の患者では、より軽度の障害だった患者と比較して、発症後急性期の脳血流障害が顕著に表れていた。また、全身に及ぶ交感神経系の影響のうち、心臓への影響を心電図で評価したところ、交感神経の過活動による心電図変化が見られた患者で脳血流の重度な障害が確認された。

頸部の交感神経節を取り除いたくも膜下出血マウスでは脳血流が改善、神経障害抑制

一方、くも膜下出血を引き起こしたマウスの脳血流を分析すると、くも膜下出血発症直後では脳への血流が十分に行き届いていない結果が得られた。

そこで、脳血管の収縮機能に関連すると報告されている頸部の交感神経節の一つ、上頸神経節をあらかじめ取り除いたマウスで同様にくも膜下出血を引き起こした。その結果、頸部の交感神経節のないマウスでは脳血流の顕著な改善がみられた。さらに、その後のマウスの神経障害も抑えられたとしている。

くも膜下出血患者の予後を改善する新規治療法開発に期待

今回の研究により、くも膜下出血発症直後の交感神経系の過活動が、脳血流低下を引き起こし、患者の予後を悪化させていることが明らかにされた。今後、くも膜下出血における交感神経系の役割はさらに注目すべき研究領域であり、患者の予後を改善する新規治療法の開発が期待される。

「本研究のさらなる発展により、くも膜下出血において神経機能の悪化をもたらすメカニズムの全容を明らかにできるだけでなく、発症した患者への新規治療につながることで、後遺症がなく元の生活に戻れる患者が増えることが期待される」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 原因腎疾患不明の透析患者、1割に遺伝性腎疾患の潜在を発見-東京医歯大ほか
  • 平滑筋肉腫の肺転移、上皮細胞接着因子EPCAMが治療標的候補に-九大
  • 顔の初期発生過程の解明に寄与し得る組織モデル作製に成功-京大
  • 腸内細菌の腸への定着、宿主の食事に合わせた菌の遺伝子変異が重要-慶大先端研ほか
  • ソトラシブ治療抵抗性、肺がんAXL阻害薬併用が有効な可能性-京都府医大ほか