医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【精神神経センター病院】アマンタジンを半量誤投与-廃棄ルール守らず再利用

【精神神経センター病院】アマンタジンを半量誤投与-廃棄ルール守らず再利用

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月14日 AM10:30

国立精神・神経医療研究センター病院は10日、「アマンタジン塩酸塩」について、100mg錠の処方内容にも関わらず50mg錠を患者2人に誤投与していたことを公表した。患者の健康状態に影響はなく、一包化後に処方変更された薬剤を廃棄する原則を守らずに再利用したことが原因としている。高額医薬品も含めて廃棄ルールの遵守を徹底するなど、再発防止策に取り組む方針。

今回の誤投与は、脳梗塞の後遺症患者とパーキンソン病患者の計2人に、杏林製薬の「アマンタジン塩酸塩錠100mg『杏林』」を投与する処方内容にも関わらず、実際には同錠50mgが調剤され、服用していたというもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 武田薬品、ペプチドリーム、中枢神経系でPDC創製へ-共同研究契約の枠組み拡大
  • 【予防接種・ワクチン分科会】40歳以上への接種を了承-AZワクチンが選択肢に
  • 【東京都】認定薬局制度の申請136件-「良い数字」と好感触示す
  • 【薬食調査会】症状消失4週間で献血可-コロナ感染者の制限期間
  • 政府、接種証明書の申請受付開始-7カ国で隔離期間短縮