医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > AAVベクター遺伝子治療マニュアル作成-成育医療センターとNCNP

AAVベクター遺伝子治療マニュアル作成-成育医療センターとNCNP

読了時間:約 1分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月10日 AM11:30

カルタヘナ法の規定には細かい対応方法の記載がない

(NCCHD)は12月9日、医療機関におけるアデノ随伴ウイルス()ベクターの具体的な取扱いに関する考え方や対応を示したマニュアルを国立精神・神経医療研究センター(NCNP)と共同で作成したと発表した。これは、NCCHD遺伝子細胞治療推進センターの小野寺雅史氏、中國正祥氏、NCNPトランスレーショナル・メディカルセンターの小牧宏文氏、石塚量見氏、NCNP病院の本橋裕子氏、安藤菜甫子氏らのグループによるもの。同マニュアルは、関連リンクに記載のプレスリリースよりダウンロード可能だ。


画像はリリースより

遺伝子治療で用いられるウイルスベクターは、カルタヘナ法の遺伝子組換え生物等に該当し、医療機関では、環境中に拡散しないような対応、体制整備などが求められている。しかし、カルタヘナ法の規程では細かい対応方法までは定められていない。

AAVベクター取扱いの具体的対応方法が示された国内初の医療機関向けマニュアル

AAVベクターは、病原性が低く、体内に直接遺伝子を投与するin vivo法に多く利用される。神経・筋疾患をはじめ、網膜疾患や血友病などのさまざまな疾患に対する遺伝子治療で臨床開発が進んでいる。

今回作成されたマニュアルには、医療機関において遺伝子治療を安全かつ適切に実施できるよう、具体的な対応方法や考え方が示されており、こういったマニュアル作成は国内初の試みとなった。医療機関ごとにリソースや環境が異なるため、各施設で全ての内容が適用できるとは限らないが、遺伝子治療を取り入れたいと考える医療機関にとって、その準備や実施に役立つことが期待される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 睡眠習慣安定化に寄与するアプリ・システム開発、最大で約1時間睡眠増-東大ほか
  • 白癬菌の菌糸成長に必要な分子特定、阻害剤でヒト爪での増殖抑制に成功-武蔵野大ほか
  • 日本人の子、菓子パンなど超加工食品エネルギー摂取量「多」ほど食事の質「低」-東大
  • 胆道閉鎖症、周産期の胆囊壁異常が肝内胆管へ波及する病態解明-東大ほか
  • 人工股関節、従来/新規ステム使用症例の骨密度や接触状態を比較-大阪公立大