医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 新型コロナ(COVID-19)の症例報告に特化した検索エンジンを開発・公開-NEDOほか

新型コロナ(COVID-19)の症例報告に特化した検索エンジンを開発・公開-NEDOほか

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月15日 PM12:15

日本医師会COVID-19有識者会議のウェブサイトで公開

(NEDO)は5月14日、新型コロナウイルス感染症()に特化した症例検索エンジンを開発し、日本医師会COVID-19有識者会議のウェブサイトへ2020年5月3日に公開したと発表した。NEDOは、業界横断型人工知能()システムの開発と業界共用データ基盤の開発を通じて、国内企業にとどまらない幅広いデータ連携による価値創出の促進を目的に「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」を推進している。株式会社プレシジョンは同事業の助成先で、自治医科大学はその共同研究先となっている。


画像はリリースより

COVID-19は人類が初めて経験する疾患であり、多くの症例報告を収集し、わかりやすく整理したうえで患者の傾向を分析することが急務だ。すでに日本感染症学会のウェブサイトには「COVID-19症例提示」が掲載されており、貴重な情報が提供されているが、非専門家が症例報告の情報を活用するためには、個々の報告の文脈と臨床所見の関係性をわかりやすく表示する必要があった。

医療関係者の情報共有や診断・治療法の開発に貢献

今回、日本感染症学会の了解を得て同学会ウェブサイトに掲載されている症例報告の中から、著者の許諾を取れた約70症例の報告を構造化して整理し、開発中のアルゴリズムを用いて検索エンジンを作成。症例の文脈をたどり、生じたイベントの時系列と、医学用語の関係を図示することで、COVID-19症例の可視化と、簡単な分析が可能となった。

COVID-19の克服には、医療の専門家と非専門家が協力して、試行錯誤を繰り返す必要がある。医学知識を構造化、デジタル化した今回のデータベースは今後、新型コロナウイルス対策に取り組む医療関係者の情報共有に活用され、COVID-19克服を補助するツールとして、診断・治療法の開発に貢献することが期待される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 慢性腰痛患者の歩行時の体幹制御は日常生活環境に依存する-畿央大
  • 【IASR速報】ダニ媒介性発熱性感染症SFTS、関東地方初の症例報告-感染研
  • 新たな免疫不全症「AIOLOS異常症」を同定-東京医歯大ほか
  • 外耳道由来の経皮ガスが、揮発性有機化合物の連続計測に有用と判明-東京医歯大ほか
  • 結核の高度まん延国ほどCOVID-19死亡率および発症率が低い傾向-帝京大ほか