医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】フォーミュラリー評価見送り-20年度改定で議論の整理

【厚労省】フォーミュラリー評価見送り-20年度改定で議論の整理

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月15日 AM10:30

厚生労働省は、2020年度診療報酬改定に関する議論の整理を、10日の中央社会保険医療協議会総会に示した。病棟薬剤業務実施加算の評価を見直すことや、処方医からの指示に基づき薬局が重複投薬を確認し、その結果を文書で報告したケースを新たに評価することなどを盛り込んだ。一方、特定機能病院でのフォーミュラリー作成に対する評価は記載を見送ったが、支払側委員から再考を求める意見が出た。

骨子案では、薬剤師が病棟業務を行うことで医師の負担軽減を促すため、病棟薬剤業務実施加算の評価、対象となる病棟を見直すとした。病棟薬剤業務実施加算と薬剤管理指導料については、常勤薬剤師の配置要件も見直す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 政府、かかりつけ薬剤師普及追記-骨太方針を閣議決定
  • 低調なオンライン服薬指導-経験薬局、4割にとどまる
  • アステラス製薬、オンラインMRを開始-5製品対象に情報提供
  • 【厚労省検討会】6年制卒の免許取得「当然」-一貫した臨床研修検討を
  • 【都薬】後発品の流通調査を開始-回収対応など問題点探る