医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 妊婦の半数以上が妊娠前・妊娠中に医薬品・サプリを使用-東北大

妊婦の半数以上が妊娠前・妊娠中に医薬品・サプリを使用-東北大

読了時間:約 1分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月23日 PM02:40

日本全国約10万人の妊婦に「エコチル調査」を実施

東北大学は6月21日、日本全国の約10万人の妊婦を対象とした薬の使用実態調査の結果を発表した。この調査は、同大大学院医学系研究科環境遺伝医学総合研究センターの小原拓准教授(薬学)と西郡秀和准教授(産科学)らのグループによる行われたもの。研究成果は、「Pharmacy誌」(電子版)に掲載された。


画像はリリースより

日本国内において、妊娠中の医薬品・サプリメント使用の実態およびその安全性に関する評価基盤は存在していなかった。そのため、海外のエビデンスやデータに頼らざるを得ない状況だったという。

今回、研究グループは、環境省の「環境と子どもの健康に関する全国調査」(エコチル調査)に参加した9万7,464人の妊婦における妊娠前・妊娠中の医薬品・サプリメント使用の実態を調査した。このエコチル調査は、国立環境研究所をコアセンターとし、国立成育医療研究センターをメディカルサポートセンターとして、大学など全国15か所のユニットセンターとの協働により、環境省が実施しているもの。2011年から開始され、2011~2013年にかけて約10万人の妊婦をリクルートし、出生児が13歳になるまで追跡が行われる。

妊娠前1年間、「市販の解熱・鎮痛・感冒薬」が最も多く

その結果、医薬品・サプリメントを使用した妊婦の割合は、妊娠前1年間では78.4%、妊娠判明後から妊娠12週までの間では57.1%、12週以降では68.8%だった。

使用された医薬品・サプリメントの種類は、妊娠前1年間では、「市販されている解熱・鎮痛・感冒薬」の使用が最も多く、次いで「病院で処方された解熱・鎮痛・感冒薬」、「全ての抗菌薬」の順に多いという結果だった。また、妊娠判明後から妊娠12週までの間では、「葉酸サプリメント」、「病院で処方された解熱・鎮痛・感冒薬」、「」の順に多かった。さらに妊娠12週以降では、「葉酸サプリメント」、「子宮弛緩薬」、「病院で処方された解熱・鎮痛・感冒薬」の順で多かった。

今回の研究によって、多くの妊婦が妊娠中に医薬品・サプリメントを使用していることが明らかとなった。今後、妊娠中の医薬品・サプリメント使用の安全性の評価が行われることが期待される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • 婦人科疾患の診断や不妊治療に有用な免疫検査パネルを発売-シスメックスほか
  • 新型コロナの次世代 mRNA ワクチン「コスタイベ筋注用」、国内第Ⅲ相試験で既存オミクロン株対応2価ワクチンに対する優越性検証を達成-Meiji Seika ファルマ
  • SGLT2阻害薬、糖尿病関連腎臓病の進行を抑える新たな仕組みを発見-岡山大ほか
  • 縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチー薬「アセノベル」承認-ノーベルファーマほか
  • 遺伝子治療レンメルディ、小児の異染性白質ジストロフィーでFDA承認-協和キリン