医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 大阪大学 72%の発症防御効果のマラリアワクチンを開発

大阪大学 72%の発症防御効果のマラリアワクチンを開発

読了時間:約 1分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年06月10日 PM08:13

効果のあるワクチンがない

大阪大学微生物病研究所はBK-SE36マラリアワクチンを開発し、ウガンダでの臨床試験で72%の発症防御効果を確認した。

ハマダラカが媒介する熱帯熱マラリアはアフリカ諸国を中心に流行、年間感染者2億人、5歳までの幼児を中心に120万人が死亡しているとされ、妊娠マラリアのリスクも高い。抗マラリア薬に対する耐性が蔓延し、効果的なワクチンはまだない。AMA1-C1/Alhydeogel(米国NIAID/NIH)の防御効果が0%、RTS,S/AS01A(グラクソ・スミスクライン)が31.3%だ。

日本発のワクチン

マラリア原虫はヒトの免疫防御システムを回避するメカニズムを種々発達させ、その一つが遺伝子多型。ある型の抗原遺伝子でワクチンを作製してもそれに反応しない抗原遺伝子をもつ原虫には効果がない。阪大は455種の原虫を解析してSERAタンパク質の遺伝子に遺伝子多型が極めて低いことを発見、SERAタンパク質の遺伝子組換えタンパク質を作製した。BK-SE36マラリアワクチンはSE36タンパク質と水酸化アルミニウムゲルを混合した凍結乾燥製剤。

マラリアの高度流行地域のウガンダ北部で試験を実施した。マラリア感染歴のある人の免疫反応で安全性を確認し、免疫原性試験でSE36タンパク質に対する抗体が誘導されるかを調べた。成人はワクチンに反応しなかったが6-10歳では免疫応答が認められた。第Ib相臨床試験で6-20歳の66名にワクチンを接種、1年間感染状況を観察した結果、未接種の対照群に比べて72%の防御効果があることがわかった。

マラリアは熱帯・亜熱帯の開発途上国の健康を蝕み経済への打撃も大きい。日本発の効果的なワクチンが国際貢献になり、国際社会で日本のプレゼンスを高めることにつながると期待される。(馬野鈴草)

▼外部リンク

大阪大学プレスリリース
http://www.osaka-u.ac.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • 男性型脱毛症(AGA)治療薬、デュタステリド錠0.5mgZA「トーワ」発売-東和薬品
  • イブグリース、既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎で承認-リリー
  • 血液で肝臓線維化を定量評価、「HISCL M2BPGi-Qt試薬」保険適用-シスメックス
  • 新型コロナウイルス感染症に対するmRNAワクチン(レプリコン)が世界に先駆け国内製造販売承認取得-Meiji Seika ファルマ株式会社
  • ヘムライブラ、重症血友病Aの乳児P3試験で出血コントロール達成-中外