医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】筋弛緩剤の代替要請-供給不安に対応

【厚労省】筋弛緩剤の代替要請-供給不安に対応

読了時間:約 57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月09日 AM10:51

厚生労働省は、」について、麻酔時や気管内挿管時の筋弛緩に用いる場合には代替治療を検討するよう医療機関等に要請した。安定供給に支障が出ている現状で、比較的必要度の高い精神神経科における電撃療法での使用を優先するよう求めた。

スキサメトニウム注射剤は、麻酔時、気管内挿管時、精神神経科における電撃療法などに使用される筋弛緩剤。特に電撃療法では必要度が極めて高い筋弛緩剤に位置づけられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論
  • 【医薬品第一部会】中絶薬、分科会で再審議-部会では承認を了承
  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも