医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【臨床薬理学会】臨床研究専門職を認定へ-実施数の停滞解消目指す

【臨床薬理学会】臨床研究専門職を認定へ-実施数の停滞解消目指す

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月07日 AM11:08

日本臨床薬理学会は、高度な知識と経験をもとに臨床研究の立案や支援を行う専門家を養成するため、2023年度に「」を創設する予定だ。5年以上の関連業務実績と認定薬剤師等の要件を満たした会員を認定するもの。臨床研究の実施件数が停滞している状況を解消し、研究の質向上につなげる。

同制度は、臨床研究に関する高度な知識と卓越した技能、経験を持ち、倫理的・科学的に適正な臨床研究を立案、計画、実施、支援する学会員を対象に認定するもの。具体的には、特定臨床研究において研究代表者(PI)の伴走者として、研究計画の作成、実現、実施に貢献する人材と位置づけ、計画作成から実施における実務を進め、質の高い計画に必要な臨床薬理学、疫学、研究倫理等の知識、オペレーションスキルを備えることも求める。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論
  • 【医薬品第一部会】中絶薬、分科会で再審議-部会では承認を了承
  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも