医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【経産省事業】「両用性」設備を整備へ-国内ワクチン製造8社

【経産省事業】「両用性」設備を整備へ-国内ワクチン製造8社

読了時間:約 58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年10月07日 AM10:25

ワクチンを製造する国内8社は、パンデミック発生時に対応するワクチン製造にラインを切り替えられるようにする「デュアルユース設備」を国内で整備することになった。MeijiSeikaファルマとARCALIS(アルカリス)、、AGCは、mRNAワクチンの製造を担う。

、JCRファーマを加えた8社は、経済産業省の「ワクチン生産体制強化のためのバイオ医薬品製造拠点等整備事業」のワクチン製造拠点整備事業に採択され、補助を受けながら整備する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】医療計画指針見直しで素案-薬剤師の確保策に注文も
  • コロナ薬「ゾコーバ錠」、11月28日から供給開始-加藤厚労相
  • 【薬学部設置協議会】31年度に薬学部開学計画-沖縄県が基本方針素案
  • 【厚労省】ゾコーバが初の緊急承認-コロナ治療の新たな選択肢
  • 【千葉県薬】卸の土曜配送中止に困惑-「治療が遅れる」など弊害も