医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など

【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など

読了時間:約 1分34秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月11日 AM10:30

厚生労働省は、医師から薬剤師等の医療職種にタスクシフト・シェアが可能な業務を都道府県に示し、医療機関や関係団体に周知するよう求める通知を発出した。薬剤師では、周術期の薬学的管理、医師に対する薬剤の提案、処方範囲内での投与量や投与期間の変更、薬学的知見に基づいた患者への指導などを挙げている。

今回の通知では、医師の時間外労働の上限規制が適用される2024年度に向けて、より能動的に対応できるようにするため、現行制度で各医療職種にシフト可能な業務内容を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【第一三共】中和活性の上昇確認-コロナワクチン国内I/II相
  • 【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対-多剤服薬指導で加算認めず
  • 【薬価部会】低開示品目に厳格対応を-原価計算方式のあり方議論
  • 【日薬】面対応薬局が4割占める-医療的ケア児の処方応需
  • 【政府】コロナ対応の全体像策定へ-経口薬、年内実用化を明記