医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など

【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など

読了時間:約 1分34秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月11日 AM10:30

厚生労働省は、医師から薬剤師等の医療職種にタスクシフト・シェアが可能な業務を都道府県に示し、医療機関や関係団体に周知するよう求める通知を発出した。薬剤師では、周術期の薬学的管理、医師に対する薬剤の提案、処方範囲内での投与量や投与期間の変更、薬学的知見に基づいた患者への指導などを挙げている。

今回の通知では、医師の時間外労働の上限規制が適用される2024年度に向けて、より能動的に対応できるようにするため、現行制度で各医療職種にシフト可能な業務内容を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】筋弛緩剤の代替要請-供給不安に対応
  • 【薬価部会】薬価引下げ率緩和など提案-診療側「具体性に乏しい」
  • 仮名加工情報の取扱見直し-文科省など、倫理指針改正でパブコメ
  • 【臨床薬理学会】臨床研究専門職を認定へ-実施数の停滞解消目指す
  • 【安全対策部会】安全対策にMID-NET-ゾコーバ市販後監視で活用