医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【東京都薬剤師】後発品、181銘柄が入手困難-トップは「オロパタジン」

【東京都薬剤師】後発品、181銘柄が入手困難-トップは「オロパタジン」

読了時間:約 2分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月14日 AM11:30

東京都薬剤師会は、会員薬局向けに実施した「後発品に関する流通及び対応状況に関する調査」の最終集計結果を公表した。薬局で入手困難な後発品は181銘柄が挙げられ、中でも後発品メーカーが自主回収を実施した「オロパタジン塩酸塩」「」などは多くの薬局が調達に苦慮していた。後発品の流通が滞ったことに伴い、5月の後発品使用率が1月に比べて下がったと回答した薬局は35%を占め、後発品の使用促進にブレーキをかけている現状も浮き彫りになった。

都薬は会員薬局の管理薬剤師や開設者を対象に都薬会員用ホームページでウェブ調査を実施し、製品回収や承認取消となった企業製品の代替対処や新規採用医薬品の注文取引などについて聞いた。6月末に1000人を対象とした途中経過分析を実施していたが、今回、回答数を1520人まで増やして集計した結果を報告した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【富山県】北日本製薬に業務停止28日-承認書と異なる方法で製造
  • 【予防接種・ワクチン分科会】3回目接種、実施を了承-接種後の免疫減弱に対応
  • 【臨床研究部会】観察研究の定義づけが課題-研究者とCRBで認識乖離
  • 【厚労省】製薬企業に水平分業化促す-ベンチャーが創薬担い手に
  • 【日薬】自宅療養急増で対応方針-緊急時の薬局リスト化