医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【総務省19年度調査】医薬品産業の研究費5%減-科技研究費は過去最高更新

【総務省19年度調査】医薬品産業の研究費5%減-科技研究費は過去最高更新

読了時間:約 1分59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月18日 AM11:00

総務省統計局は、2020年の科学技術研究調査結果を公表した。19年度の企業や大学の科学技術研究費の総額は、前年度比0.3%増の19兆5757億円と3年連続で増加し、過去最高を更新した。産業別では「医薬品製造業」が1兆3392億円と前年度から4.7%減少し、3年ぶりに1兆3000億円台の水準となった。ただ、自動車や航空機、船舶などを製造する「」の3兆1791億円に続き、2番目に企業研究費が多い産業に変動はなく、全産業の9.4%を占めていた。

国内総生産(GDP)に対する研究費の比率は、前年度比0.01ポイント減の3.50%と3年ぶりに低下した。研究費の内訳を見ると、企業が14兆2121億円で研究費全体に占める割合は72.6%と最も大きい傾向は変わらなかった。大学等は3兆7202億円で19.0%、非営利団体・公的機関は1兆6435億円で8.4%を占めた。前年度比で企業が0.1%のわずかな減少に転じたのに対し、大学等が1.1%増、非営利団体・公的機関が1.7%増と引き続き増加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査
  • 【日病薬】医薬品全体への信頼欠く-木平会長、小林化工の事案に危機感
  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も
  • 【日病薬】タスクシフト先進事例を公開へ-全国的な実施に向け後押し
  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ