医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【理化学研究所】スパコン「富岳」が世界一-演算速度など4部門で頂点

【理化学研究所】スパコン「富岳」が世界一-演算速度など4部門で頂点

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月26日 AM11:00

理化学研究所は23日、富士通と共同開発したスーパーコンピューター「富岳」が、スパコンの演算速度を評価するランキング「TOP500リスト」で1位を獲得したと発表した。国産のスパコンがトップとなるのは、富岳の前身機である「京」以来9年ぶり。演算速度に加え、(AI)の学習速度など3部門でも頂点に立った。

富岳は、富士通が設計・開発したCPU(中央演算処理装置)を搭載し、既に国内では、新型コロナウイルスの治療薬探索などに活用されている。同日、記者会見した理研の松本紘理事長は、「まずは新型コロナウイルス対策で様々なシミュレーションを行い、トップに立ったからといって慢心することなく、今後もさらに富岳の力を引き出すよう努力したい」との考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で
  • 【厚労省検討会】実務実習体制、認識に乖離-受け入れ施設側と学生で
  • 【厚労省】違う剤形区分、個別判断-後発品規格揃えで再見解
  • 【厚労省】外来医療に薬剤師の役割-継続服薬指導など記載
  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証