医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 重症下肢虚血、患者の自家「DFAT細胞」を用いた血管再生医療の臨床研究を開始-日大

重症下肢虚血、患者の自家「DFAT細胞」を用いた血管再生医療の臨床研究を開始-日大

読了時間:約 2分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月25日 AM10:30

DFAT細胞は、少量の脂肪組織から均質かつ大量に作られる多能性細胞

(AMED)は2月21日、患者自身の脂肪細胞から作られる「」を用いて世界初の血管再生医療の臨床研究を開始したと発表した。この臨床研究は、日本大学医学部細胞再生・移植医学分野の松本太郎教授と同大医学部心臓血管外科の田中正史教授らの研究グループによるもの。


画像はリリースより

閉塞性動脈硬化症の重症型である重症下肢虚血は、足の動脈の血流が悪くなることにより足の痛みが生じ、進行すると皮膚潰瘍や皮膚の壊死(黒変)が起こる病態。治療法として、カテーテルを使った血管内治療やバイパス手術が行われているが、予後は不良であり、発症1年後には30%が足の大切断に、25%が死亡に至るとされている。近年、重症下肢虚血に対し血管再生効果を期待した細胞治療が試みられている。中でも、「」は患者自身の骨髄液や脂肪組織から培養して増やすことができ、ES細胞やiPS細胞と異なり未分化な状態で移植しても腫瘍を形成せず安全性が高いため、血管再生治療の細胞源として期待されている。一方、間葉系幹細胞は、患者の年齢や病状により細胞の品質にばらつきが生じやすい、培養初期には均質性が低い、採取に伴う患者の負担が比較的大きい、といった問題点が明らかになっている。したがって、現状では、患者の年齢や病状に左右されず、均質で安定した性能を示す間葉系幹細胞を製造する技術が望まれている。

これまでに研究グループは、脂肪組織から単離した成熟脂肪細胞を「天井培養」という方法で培養することによって得られるDFAT細胞(脱分化脂肪細胞)が、間葉系幹細胞に類似した高い増殖能と多分化能を獲得することを明らかにした。DFAT細胞は、少量の脂肪組織から患者の年齢や病状に影響されず均質な多能性細胞を大量に製造できることから、実用性の高い再生医療用の細胞として期待できる。DFAT細胞は種々の血管を作る因子を豊富に分泌するとともに血管を構成する細胞への分化能を有し、安定した高い血管新生能を示すことが明らかになっている。また、間葉系幹細胞と同様に未分化な状態で移植しても腫瘍を形成せず、安全に移植できることも動物実験で確認している。このような知見から研究グループは、DFAT細胞による細胞治療は、動脈が閉塞し血流が悪くなってしまった患者に対して有効な治療法になり得ると考え、重症下肢虚血の患者に対する自家DFAT細胞を用いた血管再生医療の臨床研究を計画するに至ったという。

DFAT細胞を用いた世界初の血管再生医療の臨床研究、慢性疾患に適応拡大を視野に

研究グループは、このたび、「重症下肢虚血患者に対する自家脱分化脂肪(DFAT)細胞移植に関する臨床試験」の再生医療等提供計画が、特定認定再生医療等委員会(湘南鎌倉総合病院特定認定再生医療等委員会)により、再生医療等提供基準に適合している旨の判定を2020年1月27日付けで受理。この結果をもとに、再生医療等提供計画を2020年2月17日に厚生労働大臣に提出し、日本大学医学部附属板橋病院にて心臓血管外科の田中正史教授を実施責任者とした臨床研究を開始する運びとなった。計画している臨床研究は、重症下肢虚血の患者6例を対象とし、約10mLの吸引脂肪組織を原料として、自施設内の細胞加工施設(CPF)に設置されたアイソレータを用いて約5週間培養し、必要数のDFAT細胞を製造後、患者の虚血筋肉内20か所に移植する。主要評価項目は安全性の確認であり、移植後52週までに発現した有害事象について評価する。副次評価項目は有効性の評価であり、重症度分類、虚血性疼痛などの変化を評価する。これらの臨床研究によりDFAT細胞治療の安全性と有効性を検証し、治験への移行について妥当性を明確にしていく。

DFAT細胞を作成する技術は、少量の脂肪組織から均質で安定した性能を保持した間葉系幹細胞に類似した細胞を大量に製造できる技術であり、「間葉系幹細胞の標準化」といった科学技術上の要請をクリアする可能性を有している。DFAT研究は多くの国で行われているが、まだヒトへの投与例はなく、今回の研究はDFAT細胞を用いた世界初の臨床研究になる。

この研究により得られる成果は、患者の年齢や基礎疾患に影響されず、低コストで実用性が高い血管再生医療の普及に寄与することが予想される。さらに、現在先行している間葉系幹細胞を用いた細胞治療の大部分を、より安全・安価なものとして普遍的に発展させる可能性を有している。この研究開発では重症下肢虚血の患者から臨床応用を開始する計画だが、将来的には心筋梗塞や脳梗塞後遺症などのコモンディジーズに適応を拡大する予定だという。「これらが実現した場合、より多くの病気に悩む患者に安全・安価な再生医療を提供できることになる」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 歩行の速さより「歩数」が重要、「1日1万2,000歩」で死亡リスクは低下-米NIH
  • ピロリ菌感染時の胃における新たな免疫応答と防御機構を明らかに-理研ほか
  • 花粉症治療に重要なシラカバ花粉アレルゲン「Bet v 1」の大量生産に成功-筑波大ほか
  • 血圧の一時的な上昇が血管新生を促進するメカニズムを解明-東京農工大ほか
  • 手を「動かす/維持する」両方の状態時の神経回路制御の仕組みを解明-NCNPほか