医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 第2回大阪府後発品安心使用促進のための協議会、フォーミュラリーを啓発へ-八尾市立病院は3剤で導入

第2回大阪府後発品安心使用促進のための協議会、フォーミュラリーを啓発へ-八尾市立病院は3剤で導入

読了時間:約 1分56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月19日 AM10:15

大阪府は14日、2019年度の第2回大阪府後発品安心使用促進のための協議会を開催した。その中で、今年度事業として取り組む八尾市のモデル事業の成果が報告された。八尾市では医師、歯科医師、薬剤師に向けたフォーミュラリー啓発を実施するほか、八尾市立病院で院内フォーミュラリーを策定し、3剤を採用していく方針が示された。

八尾市では、市の委託事業として後発品の適正使用策を検討してきた。昨年度に市内11医療機関の後発品採用リストを作成し、市のホームページで公表。今年度は、同リストに新たにオーソライズドジェネリックやバイオ後続品の情報を追加するなど改良した。紙媒体としても市内の全医療機関・薬局に配布するほか、医師、歯科医師、薬剤師へのフォーミュラリーの啓発事業として、実例や策定の流れを紹介したチラシを作成し、今年度内に配布する予定である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【製薬協/NCBN】新薬創出へ産学官共同研究-疾患別情報統合DBを構築
  • 【厚労省】1年以上の勤務など要件-常勤薬剤師は半数以上
  • 厚生労働省・大麻等の薬物対策のあり方検討会、大麻規制のあり方を議論-厚労省検討会が初会合
  • 東京都薬事審議会、6月から認定申請を受付-薬局認定のプロセス案了承
  • 【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増