医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【製薬協】中山会長「効能追加の開発意欲低下」-「再算定」特例改善へ提言も

【製薬協】中山会長「効能追加の開発意欲低下」-「再算定」特例改善へ提言も

読了時間:約 1分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月29日 AM10:30

日本製薬工業協会の中山讓治会長は27日、都内で記者会見し、中央社会保険医療協議会が取りまとめた2020年度薬価制度改革で、新設された効能変化再算定の特例に言及。「効能追加への開発意欲の低下につながる」と述べ、反対姿勢を強調した。その上で、22年度改革の議論に向けては、「薬価収載後のイノベーション評価の充実については改善が必要」と述べ、効能変化再算定の特例を見直す方向で提言を行っていく考えを示した。

20年度改革では、薬価収載後の評価をめぐり、類似薬がなくても参照薬と比べて著しく1日薬価が高く、市場規模が拡大すると考えられる場合は、現行の効能変化再算定と同様の再算定を行う特例が設けられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに
  • 【エイズ学会学術集会】薬局薬剤師が長期療養支援-高齢化進むHIV感染者に
  • 【厚労省】薬剤師の配置時間見直しへ-年度内に一定の方向性
  • 【財政審】初年度に相応しい改定を-中間年、全品対象強調
  • 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で