医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】後発品178品目を薬価収載-初後発にアプレピタントなど

【厚労省】後発品178品目を薬価収載-初後発にアプレピタントなど

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月13日 AM10:15


■代替新規外、100品目下回る

厚生労働省は13日、後発品178品目を薬価基準に収載する。内訳は代替新規が126品目、代替新規以外が52品目で、代替新規以外の品目数が100を下回ったのは過去10年間では初めて。初の後発品収載は、制吐剤「」(先発品:イメンドカプセル=)など6成分11規格16品目。新規収載希望が10品目を超えた内用薬を先発品の「0.4がけ」とするルールが適用された成分、先発品メーカーから特許使用の許可を得て後発品として発売するオーソライズドジェネリック(AG)の収載はなかった。

今回、薬価収載の希望品目は178品目で、安定供給上の不安や採算上の理由、企業の都合による取り下げはなく、81成分151規格178品目が全て収載された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 第2回大阪府後発品安心使用促進のための協議会、フォーミュラリーを啓発へ-八尾市立病院は3剤で導入
  • 【日病薬近畿ブロック会議】広義調剤業務の周知要望-服薬介助、外用薬貼付は「調剤」
  • 【知財フォーラム】激変する企業の知財戦略-デジタルヘルス対応で
  • 【WHO 進藤氏が警鐘】新型肺炎、世界が日本を心配-根絶断念せず、食い止めを
  • 【製薬協k部会】RMP周知方法定まらず-企業3割が改訂時に手順書