医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 厚労省・樽見医薬局長、改正薬機法「11月中に成立を」-20年度改定論議の前提見込む

厚労省・樽見医薬局長、改正薬機法「11月中に成立を」-20年度改定論議の前提見込む

読了時間:約 1分47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月23日 AM10:45

厚生労働省の樽見英樹医薬・生活衛生局長は19日、神戸市内で開かれた日本薬局学会学術総会の基調講演で、継続審議中の医薬品医療機器等法改正案について言及。「日程については何とも言えない」としつつ、「11月中には成立まで持っていけるようにしたい」との見解を示した。来月以降、2020年度診療報酬改定論議が本格化するため、「薬機法の成立を前提に診療報酬、、薬価の改定議論に入っていけるようにしたい」との考えを述べた。

樽見英樹氏

樽見氏は、改正薬機法について「承認審査の合理化により、優れた医薬品が早く日本の市場に導入できる内容と同時に、患者さんのもとにいかに適切に届けるかということがセットになっている」と指摘。「それらを全体として担保するようなコンプライアンスの制度をしっかり作るという意味では、筋が一本通った法案という印象」との見解を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省が初公表】患者から副作用報告83件-精神神経、抗不安剤が最多
  • 【京都桂病院】PBPMで呼吸機能改善-薬剤師が吸入デバイスを選択
  • 社会保障審議会医療部会、20年度改定方針で骨子案-院内薬剤師業務の評価明記
  • 田辺三菱製薬、上場廃止へ-三菱ケミHDが完全子会社化
  • 【中医協総会】重複投薬解消へ連携評価-支払側は「結果」求め難色