医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【アルフレッサ子会社】調剤報酬を虚偽報告-不正請求の返還額減らす

【アルフレッサ子会社】調剤報酬を虚偽報告-不正請求の返還額減らす

読了時間:約 1分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月10日 AM11:30

アルフレッサホールディングスの連結子会社「」が運営する北海道の調剤薬局1店舗における薬歴未記載で、調剤報酬の薬剤服用歴管理指導料の不正請求を行っていたことに北海道厚生局から個別指導を受け、自主点検と自主返還を指示された際、未記載の薬歴件数を減らす改ざんを行っていたことが判明した。7日に記者会見したアルフレッサHDの久保泰三社長は、今回の経緯を説明すると共に関係者に謝罪した。また、同日に3人の弁護士からなる第三者特別調査委員会を設置し、当該薬局を含むアポロメディカルの全調剤薬局、連結子会社が運営する調剤薬局などを対象に、不適切行為の事実関係、類似問題点、アポロメディカルのコンプライアンス、ガバナンスの問題点などについて調査を実施する。調査期間は3カ月間を予定している。

謝罪するアルフレッサHDの幹部ら

今回の不正について、社内調査によると、薬歴の改ざん件数は処方箋枚数8万3917枚に対して1万5304枚(18%)で、対象期間は2013年6月から18年6月までの61カ月間に及ぶ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協各側が意見書】診療側「医療者に十分な手当を」-支払側「診療所は利益率高い」
  • 【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募
  • 【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色
  • 【臨床薬理学会で議論】製販後調査に患者レジストリ-難病、希少薬で活用論高まる
  • 【アステラス製薬】米企業を約3300億円で買収-遺伝子治療薬の基盤獲得