医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 岩手県8,300人分の生体試料・生理機能検査情報などの分譲開始−IMMとToMMo

岩手県8,300人分の生体試料・生理機能検査情報などの分譲開始−IMMとToMMo

読了時間:約 1分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月01日 PM12:00

20歳以上の岩手県住民約8,300人の生体試料・情報

岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構(IMM)は3月28日、2013~2015年度に東北メディカル・メガバンク計画(TMM)で実施された地域住民コホート調査のうち、IMMが岩手県内で行った健康調査に参加した地域住民の生体試料・情報について、研究者向けの提供(分譲)受付を開始すると発表した。分譲は、IMMと東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)が共同で行う。


画像はリリースより

今回の分譲の対象は、2013~2015年度に実施された地域住民コホート調査のうち、IMM が岩手医科大学矢巾キャンパスおよび沿岸4地域(久慈、宮古、釜石、気仙地域)に設置するサテライト(矢巾センターおよび沿岸4サテライト、計5か所)で実施したサテライト型健康調査に参加した20歳以上の地域住民約8,300人の生体試料・情報。

血液や尿、検体検査情報などの他、生理機能検査情報も

これらの生体試料・情報には、血液(DNA、血漿、血清)、尿、検体検査情報、健康調査情報に加えて、内臓脂肪面積、頸動脈エコーなどの生理機能検査情報が含まれる。脳卒中や心臓病にかかるリスクの上昇に影響を及ぼす内臓脂肪や動脈硬化の指標などの情報が、血液・尿検査情報、健康調査情報と紐づけられて分譲されることはTMMで初めて。

分譲を申請できるのは、日本の学術研究機関(非営利機関)と、本社が日本にある企業等の研究所に所属する研究者。今回分譲される生体試料・情報を活用することにより、遺伝的体質と生活習慣などの環境要因が脳卒中や心臓病などの発症に及ぼす影響が解明され、これらの疾患の予防・早期診断・治療に大きく貢献することが期待されると研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 新型コロナウイルス感染症の新しい迅速診断パッチを開発、無痛で貼るだけ-東大
  • 抗がん剤トポテカン、RPL15阻害を介しがん免疫を活性化する機序を解明-北大ほか
  • 心臓サルコイドーシス、臨床像や心イベントとの関連因子を明らかに-北里大ほか
  • ヒト受精卵に近い細胞の作製に成功、初期発生メカニズム解明に期待-千葉大学
  • 心臓カテーテル遠位橈骨動脈穿刺法の試験「DISCO RADIAL」、結果を発表-テルモ